シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

JOY、高橋みなみが心の支えだった!? 美女ナースからキスの嵐を受けながら闘病秘話を語る!

JOY、高橋みなみが心の支えだった!? 美女ナースからキスの嵐を受けながら闘病秘話を語る!
美女ナースからキスの嵐に大喜び!?-闘病生活を明かしたJOY

 11月22日、港区六本木アスミック・エース試写室にて、12月1日より公開されるガンを扱った難病映画『50/50 フィフティ・フィフティ』の公開記念イベントが行われ、自身も肺結核で闘病生活を送った経験を持つファッションモデル・タレントのJOYが登場、難病映画に寄せた闘病中の秘話を彼らしいユニークなエピソードと共に語った。

 映画『50/50 フィフティ・フィフティ』は27歳にしてガンを告げられ、生存率50パーセントの余命宣告を受けた青年(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の葛藤(かっとう)や親友(セス・ローゲン)との友情を描いた、脚本家ウィル・ライザーの実体験に基づく作品。難病映画といっても、切り口は決して重くなく、ガンを告げられた青年の闘病生活がユーモアたっぷりに描かれ、笑って泣けるようなエンターテインメント作品に仕上がっている。

 雑誌「men’s egg」の人気モデルとして知られ、軽快なトークでテレビでも活躍中だったJOYもやはり今年の3月、肺結核と診断され入院、およそ3か月間の活動休止を余儀なくされた。それゆえに、この作品には共感する部分も多かったという。「テーマがガンの映画ということで、観る前はさすがに構えてしまったけど、始まったら結構笑える。楽な気持ちで面白く観られた」と感想を語った上で、「僕は入院中とか、あんまり病気のことで周囲に心配され続けるのがつらかったんですよ。そういうときに病気のことをネタにしてでも笑いあえる環境があると、逆にありがたかった。実際、芸人の友達とかネタを見せに来てくれたりしたんですよ。元気になれよって。映画の中の主人公と友人にすごく似た部分を感じて共感しましたね」とぽつり。

 さらにJOYは、入院中心の支えになったエピソードのひとつとして「友人がAKB48の高橋みなみのメッセージ入りCDをプレゼントしてくれたんですよ。ジャケットに良くなってくださいとメッセージの書かれたもの。僕、たかみなの大ファンでね、それが闘病中すごく心の支えになったりしたんですよ」と明かした。また記者陣から、院内での恋に関する質問がされるも、「看護婦さんとの出会い? なかったですね。こういってはなんですけど、皆さんおばさんだったものですから……」と質問をかわす一幕も。

 フォトセッションではナース美女に囲まれ記念撮影。美女からキスの祝福も受けて少々にやけ気味のJOY。だが現在、ストップ結核ボランティア大使も務め、自身の経験を、同じ結核で苦しむ人のために生かそうと活動する彼らしく、「闘病中は心の支えが必要。励ましてくれる友人が大切」と病気と闘う人たちへのメッセージも忘れなかった。(取材・文 名鹿祥史)

映画『50/50 フィフティ・フィフティ』は12月1日よりTOHOシネマズ渋谷、TOHOシネマズ シャンテほかで全国ロードショー。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 22日
  5. JOY、高橋みなみが心の支えだった!? 美女ナースからキスの嵐を受けながら闘病秘話を語る!