シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

実写版『るろうに剣心』ビジュアルが解禁!主演を務めた佐藤健は「原作ファンに観ていただきたいです」と自信満々!(1/2)

実写版『るろうに剣心』ビジュアルが解禁!主演を務めた佐藤健は「原作ファンに観ていただきたいです」と自信満々!
(上)佐藤健ふんする緋村剣心 (下)武井咲ふんする神谷薫 - (C)和月伸宏/集英社 (C)2012「るろうに剣心」製作委員会

 先日実写映画化が発表されて以来、大きな話題になっている映画『るろうに剣心』のビジュアルが解禁され、佐藤健ふんする緋村剣心、武井咲ふんする神谷薫の姿が公開された。原作が人気マンガということでビジュアルには特に気を使ったといい、とりわけ佐藤は剣心のトレードマークである長髪やほおの十字傷について、「最初は納得できていなくて、何度もやり直したんですけど、今はすごくいいと思います」とお気に入りの様子だ。4か月にも及んだ撮影は先月21日にクランクアップを迎え、来年8月25日公開となることも併せて発表された。

 人気マンガが原作になっている以上、ビジュアル面に課せられるハードルがいやが応にも高くなるが、今回解禁された佐藤ふんする剣心、そして武井ふんする薫の姿はファンの期待に見事に応えるものだ。とりわけ主人公の剣心は、原作では赤い長髪に加え、ほおに十字傷があるという特徴的な外見をしており、再現するのは難しいように思われたが、見事に3次元のキャラクターとして成立させることに成功している。佐藤いわく、髪形と十字傷は「最初は納得できていなくて、何度もやり直したんですけど、今はすごくいいと思います」と試行錯誤の末、行き着いたものということで、ビジュアル面に関してはかなりの力の入れようだ。実際、剣心の髪の色については原作通りに真っ赤にすると逆にリアリティーがなくなってしまうという理由で、茶色くらいにとどめてある。これは、その方が画面を通して観たときにちょうどいいからだという。

 だが、キャラクターはビジュアルだけで成り立っているわけではなく、そこに生身の人間としての命を吹き込むのが役者の仕事。そのことについては、薫役の武井も「髪形とか着物とかいろいろ合わせてみたんですけど、それが本当に薫ちゃんなのかっていうのは、芝居をしていくうちになじんでいくと思うんです」と十分に自覚的だ。今回はビジュアルがまだ解禁されていないものの、本作で高荷恵を演じ、これまでにも多くのマンガ原作作品に出演してきた蒼井優も、「原作に敬意を払うという意味ではやるんですけど、ビジュアルを似せるのはある程度、限界があるので、あとは気持ちと中身の部分でカバーできれば」と武井の意見に同意している。

 本作の大友啓史監督は人気マンガを実写化することについて、「マンガの実写化で大事なのは、マンガはマンガで映画は映画ということ。マンガと張り合っても仕方ないんですよ」とコメント。「それよりもやらないといけないのは、映画の世界観をちゃんと作るということと、映像は3次元で生身の人たちが演じるので、その感情を大事するということですね」と持論を展開させており、俳優陣にもその演出意図はしっかり伝わっている様子だった。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 実写版『るろうに剣心』ビジュアルが解禁!主演を務めた佐藤健は「原作ファンに観ていただきたいです」と自信満々! from 青いblog (2011年12月15日 10時28分)
    [シネマトゥデイ映画ニュース] 先日実写映画化が発表されて以来、大きな話題になっている映画『るろうに剣心』のビジュアルが解禁され、佐藤健ふんする緋村剣心、武井咲ふんする神谷薫の姿が公開された。原... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 3日
  5. 実写版『るろうに剣心』ビジュアルが解禁!主演を務めた佐藤健は「原作ファンに観ていただきたいです」と自信満々!