シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

AKB48秋元才加、東京マラソンに2年連続出場! 被災地復興と母の祖国・フィリピンの医療設備向上を願う(1/2)

AKB48秋元才加、東京マラソンに2年連続出場! 被災地復興と母の祖国・フィリピンの医療設備向上を願う
東京マラソンに2年連続出場!-AKB48秋元才加

 AKB48の秋元才加が14日、都内で行われた「東京マラソン2012公式ガイドブック」の発売記念記者会見に出席し、2011年に続き2012年も東京マラソンに出場することを発表。チャリティランナーとして母の祖国・フィリピンの医療設備向上と震災復興支援のために、去年以上のタイムで完走すると宣言した。

 2010年10月、秋元はマルチクリエイターの広井王子とのお泊り愛を報道され、騒動の責任を取る形でチームKのキャプテンを辞任。そのケジメとして今年2月に開催された東京マラソン2011に出場し、6時間50分6秒というタイムで見事完走。プロデューサーの秋元康氏に認められて、チームKのキャプテンに復帰していた。「東京マラソン2011では自分のために走ったつもりでしたが、『走っている姿を見て励まされました』とたくさんの方に言われ、人のためになっているんだと気付かされました。わたしは東京マラソンでリスタートさせてもらったので、今度は人のためにお返ししていきたいと考えて、チャリティランナーとして参加することにしました」と、秋元は2度目となる東京マラソン出場の経緯を説明する。タイムの目標として「6時間を切りたいですね。(2011年は)わたしは相当びりっけつの方だったので、5時間台で走って成長できた自分を見せられたら」と笑顔で宣言し、完走できたときのご褒美を「選抜に入れていただきたいです」とちゃっかり秋元氏におねだりをしていた。

 そして秋元は東京マラソンの魅力として、東京の名所がコースになっている点を挙げる。「土地によって人の声援も違いました。浅草では下町の方たちから『秋元ちゃん、がんばって!』、新宿2丁目では『秋元さ~ん、がんばって~~~』って言われて楽しかったですね」と振り返る。またAKB48で一緒に走りたいメンバーには大島優子の名前を挙げ「(大島が)お尻をペンペンたたいてくれたら走れそう」と参加を呼び掛けていた。

 今年のクリスマスは、メンバーとファンと一緒に秋葉原で過ごしたいと語った秋元。歌手の倖田來未やタレントのほしのあき、安めぐみなど、芸能界では結婚ラッシュが続いているが、秋元は全く結婚願望がないと明かす。「お仕事をがんばってキャリアを積んで、家族に家を買えるくらいになったら(結婚を)考えてもいいんじゃないかな」と明るく語る姿からは、お泊り騒動からはすっきり吹っ切れていることがうかがえた。2012年1月27日には、ドキュメンタリー映画の第2弾『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』が公開されるなど、まだまだ勢いが止まらないAKB48。再びフルマラソンを完走したとき、秋元が見せてくれるであろうさらに成長した姿に期待したい。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 14日
  5. AKB48秋元才加、東京マラソンに2年連続出場! 被災地復興と母の祖国・フィリピンの医療設備向上を願う