シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

深田恭子、NHK大河ドラマで松ケンの愛妻に!暴れん坊清盛のプロポーズがフカキョンのハートをズキュン?

深田恭子、NHK大河ドラマで松ケンの愛妻に!暴れん坊清盛のプロポーズがフカキョンのハートをズキュン?
「暴れん坊」を支えるのは大変!? 清楚な美しさを見せる深田恭子 - NHK提供

 現在放映中のNHK大河ドラマ「平清盛」で松山ケンイチ演じる平清盛の愛妻・時子を演じる深田恭子がNHK放送センターで、同ドラマの印象深い場面や、自身の役柄についての思いを語った。

 深田演じる時子は、清盛の最初の妻・明子(加藤あい)が亡くなってから清盛と結婚、2番目の妻となった人物。後に、宗盛、建礼門院徳子らを産み、平家一門を支える中心的役割を果たしたといわれる。

 深田自身が最も印象に残っているのは、「清盛が明子にプロポーズするシーン」だといい、「あんな暴れん坊で強い清盛なのに、明子へのものすごく強い思いが伝わってきた」と夫婦愛の原点ともいえるこのシーンについて生き生きと述懐。しかし清盛にとって、前妻の明子は初恋の人でもあるため、「時子は勝てないのかな」という気もしたと、時子の複雑な心境に感情移入したことを明かした。

 しかし深田本人は、実際のところ清盛のような人を見ると、「すてきだとは思うんですけど、時子みたいに、そばにいて支えるのは難しいかも」と困った表情。「清盛のやり方が正しいかどうかといったら、批判もあったわけですよね。強い意志がないととてもつらそう。不安もあったと思います」と語った。

 一方で深田は、明子亡き後、清盛が時子を選んだのは「時子の明るさが清盛を救ったから」だと分析する。「あんなに愛した明子が亡くなって、そこに光として存在したのが時子。その時子によって、清盛はさらに強くなった。これからどうやって時子が清盛を支えて変化していくのか、楽しみです」と笑顔を見せた。

 NHK大河ドラマ「平清盛」は平安時代末期に生きた武将・平清盛(松山ケンイチ)の生涯を、源頼朝(岡田将生)の視点から壮大なスケールで描く。(取材・文:尾針菜穂子)

NHK大河ドラマ「平清盛」は毎週日曜、午後8時よりNHK総合にて放送中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 10日
  5. 深田恭子、NHK大河ドラマで松ケンの愛妻に!暴れん坊清盛のプロポーズがフカキョンのハートをズキュン?