シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

衝撃!老々介護の現実…上映時間44分の傑作、無名監督のため配給つかず、今日イベント上映!(1/2)

衝撃!老々介護の現実…上映時間44分の傑作、無名監督のため配給つかず、今日イベント上映!
『あんたの家』が第32回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)でグランプリを受賞した自衛隊出身の山川公平監督

 力作ながら、なかなか日の目を見ない作品にスポットを当てるイベント「オールモスト・フェイマス-未配給映画探訪」が12月19日、東京・渋谷のアップリンクで行われる。クローズアップするのは、『あんたの家』が第32回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)でグランプリを受賞し、自衛隊出身という異色の経歴を持つ山川公平監督。イベントを企画したライターの鈴木沓子は、昨年のPFFで同作品と出会い衝撃を受けたものの、無名監督の上映時間44分の中編になかなか配給が付かない現実に自ら立ち上がった。鈴木は「観客の私たちが“この映画を見たい“と声をあげないと、スクリーンで見られる自由はないのだと痛感。このイベントで、何とか配給や他館上映につなげたい」と意気込んでいる。

 同イベントはカルチャー情報サイトwebD!CEの同名連載との連動企画で、上映イベントは2回目。第1回は同じく、本年度のPFFで審査員特別賞を受賞し、監督の実体験をもとに性同ー性障害に悩む高校生を主人公にした『僕らの未来』の飯塚花笑監督をピックアップした。山川監督の『あんたの家』もまた、大阪の下町に住む老夫婦が主人公で、寝たきりの夫を妻が支えている老々介護という難しいテーマに斬りこんでいる。山川監督がかつて住んだアパートの隣人をモデルにしており、夫は大腸がんを患っていることから人工肛門(ストーマ)を付けている設定も生々しく再現している。

 鈴木は「『あんたの家』を観たとき、社会問題をテーマにしていながらこんな方法論があるのかと新鮮で、衝撃を受けました。老々介護という、近い将来に誰もが直面する問題なので、映画関係者だけでなく幅広い人に見て欲しいと思った。何より「作り手のコレを作品にしたい!」という強い意思で制作された自主映画には、その思いがストレートに伝わる純度の高さがあり、商業映画にはない面白さがある。私自身、それまでインディーズ映画と言えばアート系で、わかってくれる人だけに観てもらえればいい……という難しい作品いう印象を持っていましたが、飯塚監督や山川監督たちの作品に触れて、そのイメージを完全に覆されましたから」と力説する。

 イベントではほかに、迷子になった外国人兄妹とホームレスの交流を描く短編『路上』と、幕末の京都を舞台に、徳川幕府の侍2人が図らずも坂本龍馬暗殺に関わってしまう時代劇『田村どの佐久間どの』も上映される。また上映後には、山川監督が小説「ガラスの巨塔」のファンだという元NHKプロデューサーで、人気番組「プロジェクトX挑戦者たち」を手がけていた今井彰を迎えてのトークショーも行われる。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 19日
  5. 衝撃!老々介護の現実…上映時間44分の傑作、無名監督のため配給つかず、今日イベント上映!