シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

石原さとみがバカップル役!?これまでにないはじけぶりを語る!!

石原さとみがバカップル役!?これまでにないはじけぶりを語る!!
バカップル役への挑戦を語った石原さとみ

 16日、直木賞作家・道尾秀介原作の映画『カラスの親指』の制作現場会見が行われ、「今までやったことのないバカップル」に挑んでいるという石原さとみが、撮影の様子を笑顔いっぱいに語った。

 この日の石原は劇中の衣装である“盗聴バスターズ”の扮装で、阿部寛、能年玲奈、小柳友、村上ショージと共に登場。本作では小柳の恋人役を務めている石原だが、これが「今までにないはじけぶりでバカップル」役。撮影前は経験のない役に不安もあったというが、いざ始まってみれば「どこまでバカでキャピキャピできるか、やり過ぎなくらいやって抑えていこうと思いました」と、奔放(ほんぽう)な役をむしろ楽しめたようだった。

 個性的なキャラクターとドラマチックな脚本で、出演者はそれぞれ撮影を楽しんでいたようだが、一人様子が異なっていたのが村上。「いつも新幹線で読んでいるエッチな週刊誌を捨てて、セリフを覚えようと台本を読んだけど覚えられなかった」と苦労話を明かすと、隣に座っていた石原は爆笑。

 さらに、どうしてもセリフが覚えられないため阿部に相談に行くと「そうだね、とりあえず覚えることだよ」と身もふたもない答えで返された話や、「あんまり追い込まれて、阿部さんが足でも折って撮影が中止にならないかと思った」というエピソードも披露し、本業の話芸を存分に発揮し笑いを取っていた。なお、大苦戦となった村上だが、その甲斐(かい)あったか阿部は「すごくいい芝居をしていました」と村上の演技を褒めたたえていた。

 『カラスの親指』では、人生に敗れた中年詐欺師2人が、なりゆきで若者3人と共同生活を送ることに。そこで起こる騒動とドラマ、そして思いもよらない結末が描かれる。(取材・文:長谷川亮)

映画『カラスの親指』は今秋全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 16日
  5. 石原さとみがバカップル役!?これまでにないはじけぶりを語る!!