シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

大島優子、涙止まらず… 3.11特別公演で「まっとうして生きようと思った」

大島優子、涙止まらず… 3.11特別公演で「まっとうして生きようと思った」
ブログで特別公演を振り返り震災についての思いを明かした大島優子 - (画像は2011年のイベント時のもの)

 3月11日に秋葉原のAKB48劇場で「東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト~」を行ったメンバーの大島優子が、公演後に更新したオフィシャルブログで「涙が止まりませんでした」と複雑な胸の内を明かした。

 同特別公演は、昨年3月11日に発生した東日本大震災から1年を迎えた2012年3月11日に、AKB48のほか、姉妹グループのSKE48、NMB48、HKT48の各劇場で同日同時刻に開催された特別公演。入場料を無料とし、募金箱が設置され、復興支援の一環として実施された。

 前田敦子が号泣のあまり一時退場したことも報じられているが、それぞれの胸に複雑な思いがあったに違いない。大島は震災について「ついこの間のことのようで、一年も経ったとは感じられません」と振り返り、チャリティーソング「誰かのために」を歌った際には「涙が止まりませんでした」と報告。今回の震災で亡くなった人たちに思いをはせ「突然『明日』が無くなってしまった、たくさんの人の分まで明日を、夢を、全うして生きようと思いました」と強い意志を示している。

 また、秋元才加も12日、震災から1年が経過したことについてブログに思いをつづり、「一生懸命に生きよう。一生懸命生きたくても生きられなかった方々のために。悔いのない毎日を過ごそう。じゃなきゃ、失礼じゃないか」と気持ちを新たに。AKB48は被災地への訪問や支援活動を積極的に行っており、これまでの義援金は12億円以上にもなる。(清水一)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 3月
  4. 12日
  5. 大島優子、涙止まらず… 3.11特別公演で「まっとうして生きようと思った」