シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

小栗旬、入籍後初の公の場で幸せオーラ満開の笑顔!

小栗旬、入籍後初の公の場で幸せオーラ満開の笑顔!
幸せいっぱいの笑顔を見せた小栗旬

 山田優との入籍後、映画の撮影で中国に行っていた小栗旬が、東京国際フォーラムで行われた映画『宇宙兄弟』のジャパンプレミアで入籍後初の公の場に幸せいっぱいの笑顔で登場し、満員の会場から大喝采を浴びた。この日は共演者の岡田将生、堤真一、濱田岳、新井浩文、井上芳雄、塩見三省と森義隆監督も出席した。

 本作は、累計750万部を超える小山宙哉の同名人気コミックを映画化、宇宙飛行士を目指す兄弟の夢ときずなを感動的に描く。宇宙飛行士を目指す主人公・六太(ムッタ)と日比人(ヒビト)の兄弟を小栗旬と岡田将生が演じている。

 会場には大掛かりなセットが組まれ、キャスト陣が地球を模した大階段から登場すると会場からはどよめきがわき起こった。最初から幸せオーラ満開の笑顔で現れた小栗は、会場に詰め掛けたファンの気持ちを察したMCから「おめでとうございます」とふられると、「ありがとうございます」と余裕の笑顔で答え、「あんまりしゃべるとそのことばかり書かれちゃうので、ちゃんと映画のことを伝えたい」とコメントし、「夢がいっぱい詰まったすてきな映画になっています。監督やりましたね!」と作品をアピールした。

 小栗に「最近は一緒に飲みに行ったりしている。弟ができてうれしい」といわれた岡田は「何でも相談できる、いいお兄ちゃんができてうれしい」と小栗との共演を喜び、「夢見ることの大切さと兄弟のきずなが描かれているし、この作品で初めてかっこいい岡田将生を見ていただけると思います」と作品への熱い思いが込もったコメントで会場をわかせた。この日は、終始満面の笑みの小栗につられたのか堤も「僕も結婚したいな」としみじみと胸中を吐露する場面もみられた。

 『宇宙兄弟』は、NASAケネディ宇宙センターでの大型ロケに加え、JAXAの全面協力を得て撮影された作品。本物の宇宙飛行士である野口聡一氏とバズ・オルドリン氏がそれぞれ本人役で出演していることにも注目。主題歌には、ロックバンド、コールドプレイが日本映画史上初の楽曲提供をした。(福住佐知子)

映画『宇宙兄弟』は5月5日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 3月
  4. 28日
  5. 小栗旬、入籍後初の公の場で幸せオーラ満開の笑顔!