シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

犯罪歴のあるリンジー・ローハン、カナダでの復帰作の撮影で就労ビザを得るのに一苦労

犯罪歴のあるリンジー・ローハン、カナダでの復帰作の撮影で就労ビザを得るのに一苦労
就労ビザを取得するために外出は控えるわ(たぶん)! - リンジー・ローハン

 リンジー・ローハンのカムバック作品となるテレビ映画「リズ・アンド・ディック(原題) / Liz & Dick」がカナダで撮影予定のため、犯罪歴のあるリンジーはビザを取得するのに苦労をしているらしい。

 カナダは犯罪歴のある人物の入国には非常に厳しく、これまでにもショー当日にラッセル・ブランドが入国を拒否されたことがニュースになっている。カナダでの撮影は税額控除が得られるほか、人件費も安いため、アメリカの多くの映画やテレビ番組はカナダをロケ先に選ぶことが多い。カナダ側も撮影が行われることで経済的にも多くのメリットがあるため、リンジーのビザ問題は山のような書類でなんとかなるだろうとTMZは報じている。

 リンジーの執行猶予は満了となったため就労ビザ取得のハードルも多少は低くなりそうだ。あとは撮影までの期間と撮影中にリンジーが違法なことをしなければ問題はないだろう。リンジーはクラブのオーナーに車で接触したと訴えられており、出かけると何らかの問題が発生してしまうよう。彼女の母親のディナは執行猶予期間中は必要以上に出かけないようアドバイスをしていたという。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 4月
  4. 1日
  5. 犯罪歴のあるリンジー・ローハン、カナダでの復帰作の撮影で就労ビザを得るのに一苦労