シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

東山紀之、初の日本語吹替えに挑戦!!マット・デイモン演じる父親役に!

東山紀之、初の日本語吹替えに挑戦!!マット・デイモン演じる父親役に!
東山紀之が日本語吹替えを担当したマット・デイモン-映画『幸せへのキセキ』より - (C) 2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

 東山紀之が、マット・デイモン主演の映画『幸せへのキセキ』で、自身初となる日本語吹替えに挑戦したことが発表された。昨年11月に妻で女優の木村佳乃との間に第1子となる女児が誕生したばかりの東山。本作では、マットが演じた14歳の息子と7歳の娘を持つ父親に、新たな命を吹き込んだ。

 「この映画の作品性に胸を打たれ、初めて実写の吹替えに挑戦させていただきました」という東山。彼が演じたのは、「最愛の妻の死によって子どもが抱える悲しみと混乱、それと向き合い続ける夫」。東山は「マット・デイモンのお芝居に僕なりの感覚で命を吹き込ませていただきました。家族を思うこと、子どもに愛情を持ち続けること、そして、信念を持って生きていくこと。今の日本が求められる人と人とのきずな、精神性がこの映画には凝縮されています」と本作について語っている。

 『幸せへのキセキ』は、イギリスのコラムニストであるベンジャミン・ミーの実体験を映画化した作品。妻を失った主人公が子どもたちと三人で動物園付きの家に引越し、家族のきずなを深めていく姿を描く。東山は「仲間や動物たちと共に困難を一つ一つ乗り越えていく家族の冒険のキセキを、大切な人の顔を浮かべながら温かい気持ちで見ていただけるとうれしいです」とコメントを寄せている。(編集部・島村幸恵)

映画『幸せへのキセキ』は6月8日よりTOHOシネマズ スカラ座ほかにて全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 4月
  4. 5日
  5. 東山紀之、初の日本語吹替えに挑戦!!マット・デイモン演じる父親役に!