シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ますだおかだ・岡田、高校受験控える息子がすべりまくる父を心配!

ますだおかだ・岡田、高校受験控える息子がすべりまくる父を心配!
息子さんも心配しています……!? ますだおかだ岡田圭右

 12日、月島のブロードメディア・スタジオ試写室で金城武主演の映画『捜査官X』の公開記念トークイベントが行われ、ますだおかだの岡田圭右が、劇中実際に金城が着用した衣装で登壇、お得意のすべりギャグを連発した。

 「メガネと傘以外は本物です」と劇中の金城になりすました表情で現れた岡田は、「衣装に(ギャグの)すべり汗がべっとりついて、お返しするときに怒られるのではと心配しています」とコメント。だが、売りであるすべりギャグを封印するどころかここから連発する。

 映画のタイトルをわざと間違え「容疑者X」と紹介したかと思えば、両腕でXの文字を作って「捜査官Xならぬお笑い捜査官ダメ」と発言、場内の失笑を招き続けながらめげずにトークを展開。会場は次第に岡田のペースにのせられ和やかムードに。

 岡田自身はすべるギャグにポジティブのようで、「これくらいの微妙なリアクションをとってくれる会場の方が自分にとってはホーム」とコメントするなどご機嫌。本作はシリアスなミステリー映画で、金城と面識もないのに、なぜゲストに選ばれたのか聞かれると、「どういう経緯でオファーが来たか自分でもさっぱりわからない」とした上で、「あんまりギャグをやりすぎるとお笑い映画だと思われるのではとちょっと心配しています。映画はきちんとした映画なんです。わたしの芸風とは全然違いますよ」と心配顔も見せた。

 私生活では高校受験の息子を抱えているという岡田。家庭ではギャグのすべりを少し心配されているようで、「息子に勉強せいと怒ると、その後、息子が僕の枕元に『すべらない話』のDVDを置いていく。そっちも勉強せいと言わんばかりに」とポツリ。そんなすべりの天才と言われることに「すべっているつもりは全くない。ただ皆さんと価値観が違うだけ」と説明するなど、すべりギャグを肯定。その後もギャグはすべり続けたがめげる様子もなく、最後は持っていた傘を広げ、「冷たい視線という雨が降っています」と切り返して拍手を浴びていた。(取材・文 名鹿祥史)

映画『捜査官X』は4月21日より新宿ピカデリーほか全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 4月
  4. 12日
  5. ますだおかだ・岡田、高校受験控える息子がすべりまくる父を心配!