シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

巨乳グラビアアイドル篠崎愛、「ほかのグループより知名度が低いので…」と恐縮!AKB&アイドリングら豪華共演!

巨乳グラビアアイドル篠崎愛、「ほかのグループより知名度が低いので…」と恐縮!AKB&アイドリングら豪華共演!
アイドルだらけだった撮影を現場を振り返った篠崎愛

 26日、映画『骨壺』の初日舞台あいさつがワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて行われ、AKB48の松原夏海、アイドリング!!!の横山ルリカ、SUPER☆GIRLSの宮崎理奈、AeLL.の篠崎愛、絲木建太、永江二朗監督が登壇した。

 人気アイドルグループから松原、横山、宮崎、篠崎という4人を起用した本作だけに、群雄割拠のアイドル業界らしく、さぞかし現場でもしのぎを削ってきたのかと思いきや、松原は「(以前から)皆さんのことを知っていたので共演できてうれしかった。生の方が断然かわいい」と興奮気味に語ると、横山も「わたしも雑誌とかで皆さんを見ていたので、現場で一緒になってテンションが上がった」と楽しい撮影だったことを明かした。

 巨乳グラビアアイドルとして人気の篠崎は「わたしが所属しているAeLL.というユニットは、ほかのグループより知名度が低いので共演できて光栄でした。みんな人気グループの方なのに気取ってなくて安心しました」と笑顔。そんな篠崎は劇中、壮絶な死を遂げるのだが「自分でもあんな死に方をするなんて……」と衝撃を受けたようで、そのシーンの写真を夜中に横山に送ったというエピソードを披露した。最年少の宮崎も「皆さんが優しくて楽しい現場でした」と振り返って、笑顔を見せる。

 しかし「みんな楽しかったと言っていますが、笑えないぐらい(役者を)追い込んで、つらい思いをさせながらの撮影だったんです。(楽しかったと言えるのは)本人たちの頑張りがすごかったということ」と永江監督は労をねぎらう。そんな作品について、松原が「4つのグループが集まって個々のファンがいると思いますが、その人のシーンじゃなく全体を観て、作品を楽しんでほしいです」とアピールすると、場内からは大きな拍手が巻き起こった。

 本作は人気作家・山田悠介の短編小説を映画化。「骨壺に入った遺灰を飲み込んだ人間は3日以内に必ず死ぬ」という都市伝説を利用し、人気者の幼なじみをストーカー教師から救おうとする女子高生とその周囲の人々を描いたホラー映画。(磯部正和)

映画『骨壺』はワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて上映中 全国順次公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 5月
  4. 26日
  5. 巨乳グラビアアイドル篠崎愛、「ほかのグループより知名度が低いので…」と恐縮!AKB&アイドリングら豪華共演!