シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

檀れい、坂東玉三郎と初共演!「素晴らしい言葉でわたしの心を動かしてくださった」

檀れい、坂東玉三郎と初共演!「素晴らしい言葉でわたしの心を動かしてくださった」
初共演を果たした檀れいと坂東玉三郎

 28日、舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」の製作発表会見が都内で行われ、主演と監修を務める坂東玉三郎、出演の檀れい、松田悟志が出席した。これまでに宮沢りえや寺島しのぶなど、数々の実力派女優が挑んできた役を演じることになった檀は「この上ない幸せを感じると同時に、身の引き締まる思い。素晴らしい女優さんたちが演じている役なので、わたしも負けないよう、お稽古ではいっぱい悩んで、一日一ミリでも成長していきたい」と抱負を語った。

 本作は有吉佐和子の原作で、初演は1972年。主人公のお園は故・杉村春子さんの当たり役となり、1988年からは坂東がお園役を引き継いで上演され続けてきた名作舞台だ。坂東にとって10回目の上演となる今回、恋に殉じて命を絶つ花魁(おいらん)・亀遊を檀が演じ、亀遊と恋仲の藤吉を松田が演じる。

 檀は今作のポスター撮影で坂東と初対面したときのことを振り返り、「どのように亀遊としてカメラの前で立てば良いか、アドバイスしていただきました。わたしが言うのもおこがましいですが、一役者としても、一演出家としても、感性の素晴らしい方。素晴らしい言葉でわたしの心を動かしてくださり、こういう方とご一緒できるんだ、という喜びと緊張感に包まれました」と坂東の印象を尊敬の眼差しで語った。

 一方、今作では出演のみならず、舞台セットや照明、衣装に至るまで監修を務める坂東は、檀について「申し上げるまでもない女優さん。今はこういう優しい雰囲気だけど、劇団で十分に経験を積んでいらっしゃる方なので、本番になれば芯が出てくるのだろうと思っています」と期待のメッセージを送った。そして「檀さん、松田君が出演してくれることによって、新しい『ふるあめりか』が出来れば。室内の空間を最大限に生かして、身近に感じていただけるような作品にしたいと思っています」と舞台の抱負を語っていた。(古河優)

「ふるあめりかに袖はぬらさじ」は9月28日~10月21日まで赤坂ACTシアターにて上演


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 5月
  4. 28日
  5. 檀れい、坂東玉三郎と初共演!「素晴らしい言葉でわたしの心を動かしてくださった」