シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

妻夫木聡&武井咲の演技にカンヌ絶賛の嵐!【第65回カンヌ国際映画祭】

妻夫木聡&武井咲の演技にカンヌ絶賛の嵐!
熱演が高評価を得た妻夫木聡と武井咲 - (C) 2012『愛と誠』製作委員会

 21日(現地時間)、フランス・カンヌで開催中の第65回カンヌ国際映画祭で、妻夫木聡と武井咲の共演作『愛と誠』が上映され、二人の演技が絶賛された。上映後に山崎美春プロデューサーが「お二人に関しては絶賛の嵐」と明かしたもので、日本から上映後のスタンディングオベーションの様子を見た武井は「わ~、行きたかったですね~。へぇ、すごいすごい」と歓喜した。

 カンヌ国際映画祭は、世界三大映画祭の一つに数えられる由緒ある映画祭。『愛と誠』でメガホンを取った三池崇史監督にとっては、昨年の映画『一命』に続き2年連続の出品となり、武井は映画初出演作にして世界デビューを飾るという貴重な機会を得た。非コンペティションのミッドナイト・スクリーニング部門での上映となったが、武井本人も「ただただ映画に出られたことがまずうれしかったので、まさかって感じですね」と驚きの様子。

 一方で、「私も大好きな映画」と本作に自信をのぞかせ、観客から寄せられたコメントに「評価していただけてうれしい。やって良かったと思うし、三池さんの作品に出られてうれしい」と喜びをあらわに。三池監督との仕事を振り返り、「本当に自由に早乙女愛というキャラクターをのびのびとやらせていただいて、すごく芝居って楽しいなと思わせてくれた」と充実感たっぷりだ。

 カンヌで絶賛され、注目を浴びた武井だが、海外作品への出演について「興味はありますね」と語っており、いつの日か邦画以外で活躍する武井の姿が見られるかもしれない。

 本作は、復讐(ふくしゅう)を誓う超不良の誠(妻夫木)と令嬢・愛(武井)の純愛の行方を描くエンターテインメント・ドラマ。キャラクターの心理描写を名曲に乗せて表現する仕掛けも施されており、かつてない三池流の作品に仕上がった。原作は梶原一騎・ながやす巧の純愛同名漫画で、小林武史が音楽プロデュース、パパイヤ鈴木が振り付けを担当している。(編集部・小松芙未)

映画『愛と誠』は6月16日より新宿バルト9ほか全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 5月
  4. 24日
  5. 妻夫木聡&武井咲の演技にカンヌ絶賛の嵐!