シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

塩谷瞬、晴れやかな笑顔!「僕も信じたことをやるべき」と決意新た

塩谷瞬、晴れやかな笑顔!「僕も信じたことをやるべき」と決意新た
晴れやかな笑顔で舞台あいさつを行った塩谷瞬

 9日、新宿バルト9で映画『道~白磁の人~』初日舞台あいさつが行われ、俳優の塩谷瞬が舞台あいさつに登壇し、晴れやかな笑顔を見せた。この日はほかに吉沢悠、手塚理美、田中要次、酒井若菜、石垣佑磨、黒川智花、近野成美、高橋伴明監督が来場した。

 この日の会場には、冨永愛、料理研究家の園山真希絵との二股騒動でワイドショーをにぎわせた塩谷が久々に公の場に登場するとあって、多くの報道陣が詰めかけた。報道陣から「次の恋は見つかりましたか?」「(騒動から)落ち着きましたか?」と矢継ぎ早に呼びかけられた塩谷は、終始吹っ切れたような笑顔だった。

 昨年の8月、9月に撮影が行われた本作だが、「映画の撮影が終わるとバラバラになるチームが多い中、月1でみんなで集まって酒を交わすくらい仲良くなった。こんなチームは珍しい」と田中が語るように、チームワークは抜群の様子のキャスト陣。塩谷は、特に同じシーンの多い吉沢、石垣とは親交を深めたようで、「男同士で語らいあいました。韓国にいるからこそ、普段と違うような友情が生まれましたね」と述懐す。そこに石垣が「昼間はみんなでセリフ合わせをやって。夜は(集まれる人で飲み会を行う)手塚会があって。そこで(塩谷)瞬が怒られて」と楽しそうに付け加えた。

 塩谷が演じたのは、日常的な暮らしの中で使われてきた日用品の中に美を見出す「民芸運動」を推進した柳宗悦。そんな柳の精神に触れた塩谷は「僕も信じたことをやるべきだと感じています。今は身近なものをないがしろにすることがありますが、先代の人が残したものを、伝えなければいけないといことを、この役をいただいたからには考えていきたいと思います」と改めて決意を語った。

 本作は、1914年に日本統治下の朝鮮半島に渡り、朝鮮人および朝鮮文化を偏見にとらわれることなく愛し、韓国の人にも親しまれている林業技師・浅川巧の生涯を描く日韓スタッフが手掛けた感動作である。(取材・文:壬生智裕)

映画『道~白磁の人~』は新宿バルト9ほかにて公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 9日
  5. 塩谷瞬、晴れやかな笑顔!「僕も信じたことをやるべき」と決意新た