シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

本仮屋ユイカ、五輪に挑む母と子のドキュメンタリーのナビゲーターに決定!

本仮屋ユイカ、五輪に挑む母と子のドキュメンタリーのナビゲーターに決定!
ドキュメンタリーのナビゲーターを務める本仮屋ユイカ

 28日、東京・代々木の国立競技場で「P&Gスペシャル 夢の舞台ロンドンへ!アスリート母と子の絆」の記者会見が行われ、ナビゲーターには女優の本仮屋ユイカが決定したと発表された。走るのが大好きだという本仮屋が、ナビゲート部分のロケ後、ロンドンオリンピックへの期待を語った。

 薄日差す好天の中、本仮屋は「いつもはテレビの前で応援しているので、テレビの中に入ってお話できるのは光栄」と喜びの表情。過去のオリンピックでの印象的な場面として高橋尚子選手の金メダル獲得を挙げ、「わたしはジョギングをするので、女子マラソンは欠かさず見ています。Qちゃんがゴール後に『とっても楽しい42.195キロでした』と答えたのを聞いて、走ることのイメージが変わったと思う」とコメント。

 市民ランナーの叔母と、陸上部の妹を持つ本仮屋は「陸上部に入りたかったんですけどなかったので、一番走らされるというテニス部に入りました。今も週3、4回は走って、その後にスイカを食べています」と自らのアスリート生活をアピール。番組のテーマでもある家族の話になると「家族が応援してくれるのはいいですね。世界で活躍するスーパーアスリートにもお母さんの応援があるのを知りました」と親近感を感じた様子だった。

 陸上短距離の福島千里選手らの名前を出して「腹筋がきれいに割れてる」と絶賛した本仮屋は、「学生時代からすごくすてきだなと思っていて。いよいよロンドンに行くんだなって思うとうれしいです」と自分のことのように喜んだ。ハンマー投げの室伏広治選手については「オリンピックのレギュラー化してるから、ぜひ良い結果を」と期待を口にする。しかし現地での観戦はないといい、「ロンドンが大好きで住むならロンドンと思っているんですけど……行けたら行きたかった」と残念がっていた。

 同番組は、アスリートたちとその母親の関係にスポットを当てたヒューマン・ドキュメンタリー。女子サッカーの澤穂希選手やバドミントンの潮田玲子選手などのオリンピック出場選手とそれぞれの母親の知られざる絆に迫る。(取材・文:県田勢)

「P&Gスペシャル 夢の舞台ロンドンへ!アスリート母と子の絆」は7月14日、午後4時MBS-TBS系列で全国放送


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 29日
  5. 本仮屋ユイカ、五輪に挑む母と子のドキュメンタリーのナビゲーターに決定!