シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『るろ剣』大友啓史監督、原作ファンが求めるものを映画にするためには?(1/2)

『るろ剣』大友啓史監督、原作ファンが求めるものを映画にするためには?
制作の裏側を明かした大友啓史監督

 和月伸宏の人気コミックを実写化した映画『るろうに剣心』の大友啓史監督が、人気のある原作だからこそ苦労したという制作の裏側を明かした。「原作ファンが喜ぶ魅力的なキャラクターはできるだけ映画に登場させたい。でも、ある程度の人数がいる。そうすると、どうしても映画の脚本文法から離れていってしまう」と漏らした大友監督にとってキーとなったのは、いかに原作ファンの期待に沿う形で映画作品として成立させるかだったという。

 剣心やヒロインの薫のほか、相楽左之助、高荷恵、明神弥彦、斎藤一、武田観柳、鵜堂刃衛、山県有朋……連載終了から10年以上が経過した本作が現在でも人気を博している理由の一つに魅力的なキャラクターの存在を挙げた大友監督は「普通にいうと、2時間の映画でこんなにメインキャラクターは出せない」ときっぱり。だが、一本の映画として満足のいく出来栄えであることはもちろん、『るろ剣』の実写化というファンの期待に応えないといけない。そうした原作ものに付きまとうジレンマを解決したのは、キャストの力が大きかったと明かした。

 例えば、武田観柳を演じた香川照之。「香川さんならキャラクターの魅力や背景を、脚本以上に引き出してくれる。普通なら、脚本にもう少し描き込まないといけないんですけど」とキャスト陣に信頼を寄せる大友監督は、脚本段階から生身の人間が演じるということを常に念頭に置いていたと強調する。その一つが、佐藤健ふんする剣心の口ぐせである「おろ?」「~ござる」というセリフだ。「原作がマンガなので、セリフを生身の人間が口にしたときにそのままセリフになるのかっていう問題があるんです。『おろ』『~ござる』なんて普通は言いませんからね」と笑いながらも「健くんならさらっとやってくれる」と確信したといい、事実、完成した映画でもそれらのセリフは観客を作品の世界に引き込む重要な役割を果たしている。

 衣装をはじめとするキャラクターの外見についてもコスプレだと思われないレベルまで引き上げ、アクションも毎回ハードルを高くしながらも、それでいてクライマックスの対決が最も盛り上がるように、入念に準備と調整を重ねた。そうした本作の撮影期間は、近年の邦画では破格ともいえる4か月。「どうしても、それくらいかかってしまう題材なんですよ」と大友監督が言う通り、生半可な気持ちでは実写化できない原作だったということだろう。

 アメリカに留学していたころに言語の壁を感じたという大友監督にとって、言葉に頼らずとも魅力を伝えられるアクション作品を手掛けるのは、かねてからの夢だ。さらに演出を手掛けた大河ドラマ「龍馬伝」と時代的なつながりもあり、NHK退局後第1作がマンガ原作の本作でも戸惑いはないという。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 21日
  5. 『るろ剣』大友啓史監督、原作ファンが求めるものを映画にするためには?