シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

新作不調で全米興収ダウンも、『ダークナイト ライジング』が3週連続の首位! -8月6日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

新作不調で全米興収ダウンも、『ダークナイト ライジング』が3週連続の首位! -8月6日版
このまま突っ走るわよ~! -映画『ダークナイト ライジング』 - (C) 2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

 先週と比べて42.5パーセントの興収減となったものの、3,574万ドル(約28億5,920万円)をたたき出した映画『ダークナイト ライジング』が、3週連続で全米トップの映画となった。8月5日の時点で同作品は国内興収3億5,000万ドル(約280億円)を突破し、これは今年の大ヒット映画『アベンジャーズ』、前作の『ダークナイト』に次ぐ速さだ。ただ今週は大作リメイクと人気のシリーズもの新作2本が公開されたにもかかわらず、両作品が低迷。全米映画トップ12の興収は、去年の同時期と比べて28パーセントダウンという結果になった。(1ドル80円計算)

 今週第2位は、1990年に公開されたヒット作品のリメイク映画『トータル・リコール』で、2,558万ドル(約20億4,640万円)。ご存知のように、オリジナルの主演はシュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーで、彼の妻をシャロン・ストーンが演じ話題を呼んだSFアクション作品。しかし今回のリメイク版では、シュワちゃんの演じた役を彼とは雰囲気が違うコリン・ファレルが務め、映画ファンたちの作品批評サイト「シネマスコア」によればリメイク版の成績は辛口のC+と、合格点には至らずであった。

 大ヒット中の『ダークナイト ライジング』が封切られた2週後に公開された『トータル・リコール』の動向は、『アベンジャーズ』の2週後に公開されて第2位止まりに終わった映画『バトルシップ』と比較されている。デビュー翌週に早くも映画『メン・イン・ブラック3』の追い打ちという憂き目に遭った『バトルシップ』同様に、『トータル・リコール』も今週末には映画『ボーン・レガシー』と対さなければならず、あと何週くらいトップ5に残れるかという厳しい状況が待ち受けている。

 第3位は、映画『ダイアリー・オブ・ア・ウィンピー・キッド:ドッグ・デイズ(原題) / Diary of a Wimpy Kid: Dog Days』で1,462万ドル(約11億6,960万円)。シリーズ前作が2,375万ドル(約19億円)でデビューしたことを考えると、今回はちょっと元気がない。だが、「シネマスコア」での評価はA-となかなか好意的だった。続いて第4位は、先週から2ランクダウンのアニメ映画『アイス・エイジ:コンチネンタル・ドリフト(原題) / Ice Age: Continental Drift』で861万ドル(約6億8,880万円)の興収で、トータルで1億3,210万ドル(約105億6,800万円)稼いでいる。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 7日
  5. 新作不調で全米興収ダウンも、『ダークナイト ライジング』が3週連続の首位! -8月6日版