シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

エルトン・ジョン、マドンナを酷評… ツアー失敗に「ざまあみろ」

エルトン・ジョン、マドンナを酷評… ツアー失敗に「ざまあみろ」
この二人の戦いはまだまだ終わりそうにありません - マドンナとエルトン・ジョン - (右)Tim Boyles / Getty Images

 レディー・ガガに対するマドンナの態度が気に入らなかったエルトン・ジョンが、マドンナのことを「カーニバルのストリッパーに過ぎない」とコメントした。

 マドンナはガガの「ボーン・ディス・ウェイ」が自分の曲「エクスプレス・ユア・セルフ」に酷似していることを過去にも触れたことがあるが、最近になって「ずいぶんステキにわたしの曲を作り直したのねって思ったわ。転調した部分とかはすぐにわかった。興味深かったわ」とコメント。しかし、エルトンによると、マドンナはすでに過去の人のため、ほかのアーティストをけなす権利はないと語る。

 「なんで彼女はあんな悪夢のような態度をとるんだ? 彼女はもう過去の人だ。今回のツアーもひどいもので、ざまあみろという感じだよ。マドンナに少しでも常識があれば、『レイ・オブ・ライト』のような曲を作って、ダンス音楽からは離れるべきだった。そうすれば、最高のポップ歌手になれただろうに。何かを証明しようとしている彼女は、まるでカーニバルのストリッパーのようだ。ガガに対する態度も最低だ」とエルトンは、オーストラリアの番組「Sunday Night」で語っている。

 エルトンはマドンナが気に入らないだけでなく、ガガが自分の息子ザッカリーの後見人のため、彼女を守ってあげたいという気持ちも強いのだろう。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 8日
  5. エルトン・ジョン、マドンナを酷評… ツアー失敗に「ざまあみろ」