シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

村上ショージ、吉本をやめてもいい!?阿部寛とコンビ切望

村上ショージ、吉本をやめてもいい!?阿部寛とコンビ切望
実生活でもコンビに!?-阿部寛&村上ショージ

 16日、東京・西新宿のヒルトン東京で行われた映画『カラスの親指』の完成披露会見で、村上ショージが吉本をやめてもいい宣言!? 映画の中で詐欺師コンビを組んだ阿部寛と実生活でもコンビを組むことを切望した。

 この日、村上は映画の撮影を振り返り、「阿部さんに会えるだけで浮かれていました。いろんな部分で気を使ってくれた。この人はむっちゃかっこええなと。これからも“タケ&テツ”として進んでいきたい」と阿部にコンビ継続をお願い。そんな村上の言葉に、阿部は苦笑して「自信ないです」と丁重に断りながらも、「今までに共演してきた中ではいない人。しゃべりを職業にしているプロの方なので、知らない間に空気を埋めてくれる。『これはすごい』とショージさんを頼りにしていました」とベタ褒めした。

 本作は、直木賞作家・道尾秀介の同名小説が原作で、「コンビを組んだカラス(=プロの詐欺師)のタケ(阿部)とテツ(村上)が、偶然出会った美人姉妹のやひろ(石原さとみ)とまひろ(能年玲奈)、そしてやひろの恋人である貫太郎(小柳友)とで、詐欺の大仕事に挑むストーリー。

 阿部は「人間味のある群像劇。現場の雰囲気をそのまま出せた温かい気持ちの前向きな映画です」。村上は「大きなプレッシャーを感じながら代表作ができた。もう吉本を辞めることになっても良いかと」と大胆な宣言。共に出席した原作者の道尾は「こんなに良い物語が書けていたんだと映画のおかげで実感できました」と映画の出来映えに満足した様子を見せていた。(取材・文:県田勢)

映画『カラスの親指』は11月23日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 16日
  5. 村上ショージ、吉本をやめてもいい!?阿部寛とコンビ切望