シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

千葉雄大・二階堂ふみ・辻本祐樹が大河初出演!「平清盛」新キャスト発表

千葉雄大・二階堂ふみ・辻本祐樹が大河初出演!「平清盛」新キャスト発表
大河初出演を果たす若手俳優陣 - 左から、千葉雄大、二階堂ふみ、辻本祐樹

 現在放送中の「平清盛」で、千葉雄大、二階堂ふみ、辻本祐樹がNHK大河ドラマ初出演を果たすことになった。千葉は平家政権を支えた高倉天皇を、二階堂は清盛の娘・徳子を、辻本は清盛の五男にして美男子・重衡を演じる。

 今回発表されたのは、松山ケンイチ演じる清盛が平家政権を築いた後、その栄華を支えた若者たち3人のキャスティング。千葉演じる高倉天皇は、後白河上皇(松田翔太)と平清盛の義妹・滋子(成海璃子)の間に生まれ、わずか7歳で即位した平家政権の顔ともいえる人物。容姿端麗な若き賢帝として清盛を支えることになる。

 その高倉天皇が10歳のときに結婚するのが、二階堂演じる清盛の娘・建礼門院徳子。親兄弟の愛情を存分に受けて育ったお姫様という役柄であり、後に高倉天皇との間に安徳天皇をもうける。この安徳天皇は清盛の悲願となる平家の流れを汲む天皇で、平家が滅亡に至る壇ノ浦の戦いで悲劇的な最期を遂げることでも知られている。

 そして、政治面ではなく、軍事的な面で清盛を助ける重衡には、辻本がキャスティング。清盛と時子(深田恭子)の間に生まれた五男坊であり、戦を知らないままに育ったが故の無邪気さで周囲を困らせると同時に、平家一門の中で最も貴族的な優雅さを備えた美男子だ。その一方で、源義経(神木隆之介)を苦境に追い込むほどの武芸の才を発揮するが、最終的にはその天真爛漫さがあだに。奈良・南都を焼き討ちしたことで、世の平家への反感を募らせることになってしまう。

 二階堂と辻本は9月16日放送回より、千葉は同月30日の放送回より出演予定。いずれも大河初出演という若手俳優陣が、本作にいったいどんな風を吹き込むことになるのか。楽しみだ。(編集部・福田麗)

NHK大河ドラマ「平清盛」はNHK総合ほかにて放送中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 26日
  5. 千葉雄大・二階堂ふみ・辻本祐樹が大河初出演!「平清盛」新キャスト発表