シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

サシャ・バロン・コーエンは21世紀のチャップリン!?『ディクテーター』いとうせいこうが絶賛!

サシャ・バロン・コーエンは21世紀のチャップリン!?『ディクテーター』いとうせいこうが絶賛!
コメディの金メダル!サシャを絶賛したいとうせいこう

 9月14日から17日まで開催される「第5回したまちコメディ映画祭in台東」のカウントダウンイベント、映画『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』特別試写会が28日に都内で行われ、映画祭総合プロデューサーのいとうせいこうが登場。映画祭の見どころや本作の魅力を語った。

 2008年11月に誕生した日本初の本格コメディ映画祭で、今年第5回の節目を迎える「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。いとうは「5回もやらせてもらってありがたい。今はイベントとして周知されつつある。泣く映画もいいけど、かつての日本では笑う映画も、もうちょっと得意としていたはず。この文化をもう1回エネルギッシュにしたいんです!」とコメディ映画への思いを熱く語った。

 またいとうは、今回の映画祭で上映される作品に触れ、「インド映画の『ボス その男シヴァージ』はぜひ来て欲しい。これは客が一緒に盛り上がっていくら騒いでもいいという、マサラシステムで上映するんです。そのほか、フィリピン映画の『レミントンとオカマゾンビの呪い』もタイトルで損しているけどすごくいい。フィリピン映画はたまにすごいのが出るんですよ」とアピールした。

 そして、公開日の関係で映画祭での上映は叶わなかった『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』についていとうは「(製作・脚本・主演の)サシャ・バロン・コーエンは素晴らしいコメディアン。物語はフィクションなんだけど、現実の政治問題や民族問題に関する皮肉が随所に入っている。みんなも観たらわかると思うけど、『チャップリンの独裁者』を思い出させる。21世紀のチャップリンはこういう形で出てくるのかも」とサシャを喜劇王チャールズ・チャップリンになぞらえて絶賛していた。

 『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』は、自由の国アメリカで身元不明となった世界一危険な独裁者アラジーン(サシャ・バロン・コーエン)に襲い掛かる、人生最大の試練と恋を描いたコメディー作品。何者かの陰謀でトレードマークのひげをそられ、浮浪者同然になった将軍様の前代未聞の大逆襲が始まる。(古河優)

映画『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』は9月7日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国順次公開
第5回したまちコメディ映画祭in台東は9月14日から17日まで開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 28日
  5. サシャ・バロン・コーエンは21世紀のチャップリン!?『ディクテーター』いとうせいこうが絶賛!