シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

シャ乱Qはたけ、映画初出演にも戸惑い!?「そのままでいいと言われて恐い役を渡された」

シャ乱Qはたけ、映画初出演にも戸惑い!?「そのままでいいと言われて恐い役を渡された」
関係者からの評価も高かったシャ乱Qはたけ

9日、渋谷区にある東京ウィメンズプラザにて映画『バトルαソクラテス~パーティ&Party!~/TWILIGHT FILE 9』の先行上映会が行われ、出演の元シャ乱Qはたけが登壇し、映画の見所などを語った。

本作は新感覚オムニバス・ムービー「TWILIGHT FILE」シリーズの第9弾として制作公開された映画だ。この日は同シリーズの映画『デイズ 私がアイツになった時…』との二作品の舞台挨拶、先行上映が行われた。出演したはたけは近作が実は映画初出演。映画内では強面の悪役に挑戦している。

はたけは「演じるに当たってプロデューサーからそのままでいいからと言われて現場に行ったら、そのままの自分とはまったく違った役を渡された。恐い役だった」と、出演の感想を述べ、「演技をしても、スタッフからもっと恐い感じでと指導された。でも、自分は普段そんな感じじゃないんで」と、役作りに少々苦労があったことなどを笑いを交えて話した。

共演の菊池勇輝ははたけの悪役っぷりを「現場では話しづらいオーラを放っていた」と形容。はたけはこれには苦笑いだったが、撮影自体とても楽しんだようで、「大仁田(大仁田厚)さんと殴りあうシーンなんかもあったけど、それは意外とやりやすかった。大仁田さんは緊張してセリフがとんだりすることがあった」と撮影エピソードを楽しそうな表情で振り返っていた。

舞台挨拶ではこの日、多忙で会場に来られなかった主演の新垣里沙のビデオメッセージも公開されたが、新垣は元モーニング娘。の肩書きから、やはりはたけとの共演は刺激的だったようだ。

「撮影中、あの貫禄のあるはたけさんを私が蹴るシーンがあるんです。緊張したんですが、ええよ、と言ってはたけさんが受け止めてくれて、とても感謝しました」と新垣。舞台挨拶に参加していた神品信市プロデューサーも「シャ乱Qのはたけがこんなになってしまうんだというところは映画の見所のひとつです」と、はたけの熱演を称えるなど、関係者の評価はとても高かったようだ。

舞台挨拶には他に出演者の山本博子、菊池勇輝、原雅、山口雄也監督(以上『デイズ 私がアイツになった時…』)、石垣佑磨、鳥山拓哉、山崎二千愛、岩田陽葵、片岡貴志、上林英代、加藤文明監督らが登壇した。また、新垣のほかに大仁田厚、大島さと子、内田眞由美、TKOらのビデオメッセージも紹介された。
(取材・文 名鹿祥史)

映画『バトルαソクラテス~パーティ&Party!~/TWILIGHT FILE 9』と映画『デイズ 私がアイツになった時…』は2012年秋より全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 9月
  4. 9日
  5. シャ乱Qはたけ、映画初出演にも戸惑い!?「そのままでいいと言われて恐い役を渡された」