シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

漫画家・桂正和、「TIGER&BUNNY」人気に戸惑い? 実感がなくて…本音を激白

漫画家・桂正和、「TIGER&BUNNY」人気に戸惑い? 実感がなくて…本音を激白
「TIGER&BUNNY」について語った桂正和

 「電影少女」「ZETMAN」などで知られる漫画家の桂正和が、キャラクター原案を手掛けたアニメ「TIGER & BUNNY」についての思いを語った。 9月には映画版も公開されるなど国内外から大きな反響のある同作だが、桂は「感慨深くはないんですよ。何というか……実感がないんです」と意外な心境を明かしている。

  2011年 4月にテレビシリーズが開始した同作は、「NEXT」と呼ばれる特殊能力者たちがヒーローとして活躍する姿を描いたアクション。ヒーローたちがスポーツ選手のように企業に所属しているのみならず、実在のスポンサー企業のロゴを背負い、働きに応じて加算されるポイントでランクを競うという設定が放送当初から話題を呼んでいるアニメーションだ。9月22日からは『劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-』が公開されており、来年には劇場版第2弾が公開される。

 2008年末に取り掛かったときは「主人公がおじさんのコメディー」としか聞いていなかったという桂。実際、桂のデザインありきでストーリーや設定が詰められていったといい、制作にあたって要求などはほとんどなく、悩みながらやっていたのだという。「でも、自分が納得できるまで粘りました」と明かした桂は、本作のデザインを「かなり大変だった」と振り返る。

 とりわけ主人公ワイルドタイガーのデザインには悪戦苦闘したそうで、「何が答えなのかわからなかったので……最終的には自分が『かっこいい』と思えるものを探そうと思いました」と現行のデザインに落ち着いたとのこと。続いて思い入れについて問われると「特にはないですけど、あると言えば、全部に同じぐらいだけ思い入れがある。まあ、タイガーだけはやけに苦労しましたけど」とサバサバした様子だ。

 「参加したとはいえ、自分の連載もあったので会議にもなかなか出られず、今の形になっていくのを僕は全然見られていないんです。依頼が来て、描いて、気が付いたらこんなふうになっていました、っていうのだから実感がないんです。作品について語れないんです」と語った桂は、「僕はデザインしただけなんです」と本音を漏らす一幕もあった。

 9月公開の劇場版のためにも新キャラクター・ロビンをデザインしている桂は、「スタンスは変わらなかったですね」とキッパリ。それでも「デザインを変えたいキャラクターはあるか?」という質問に対する答えはノーだ。「それはないんですよ。自分のマンガだと、ここを変えたいっていうのが次から次へと出てくるんですけど、これに関してはあんまりないんですよね。だから何だかんだいっても、満足して、納得して仕事をしたとは思うんです」と自分の仕事に誇りを持っている様子がうかがえた。(編集部・福田麗)

『劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 9月
  4. 23日
  5. 漫画家・桂正和、「TIGER&BUNNY」人気に戸惑い? 実感がなくて…本音を激白