シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」のクリエイター、デヴィッド・チェイスが描いた長編デビュー作とは?(1/2)

「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」のクリエイター、デヴィッド・チェイスが描いた長編デビュー作とは?
(左から)デヴィッド・チェイス監督、スティーヴン・ヴァン・ザント、プロデューサーのマーク・ジョンソン、ジョン・マガロ

 第50回ニューヨーク映画祭(50th N.Y.F.F)に出品された話題の新作『ノット・フェイド・アウェイ(原題) / Not Fade Away』について、監督を務めたテレビドラマ「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」のクリエイター、デヴィッド・チェイスが、音楽を担当したスティーヴン・ヴァン・ザント、プロデューサーのマーク・ジョンソン、さらに主演ジョン・マガロと共に語った。

 同作は、1960年代のニュージャージー州の郊外を舞台に、若者ダグラス(ジョン・マガロ)がバンドデビューを夢見て仲間たちと演奏をし始めるが、そこには現実という大きな壁が立ちはだかっていたという青春群像劇。ブルース・スプリングスティーンのもとで、ギタリストとして活躍するスティーヴン・ヴァン・ザントが音楽監修し、さらにジェームズ・ガンドルフィーニ、ジャック・ヒューストン、ブラッド・ギャレットなどが脇を固めている。デヴィッド・チェイスは、今作が長編映画監督デビュー作となる。

 音楽を監修したスティーヴン・ヴァン・ザントは「製作前に、僕はデヴィッド監督に、(主役がミュージシャンであるため)俳優もできるミュージシャンを探すべきだと要求したんだ。すると彼から、『それは忘れろ!』と言われたよ。『まず俳優であることの方が重要だ』と言われたんだ。(俳優たちを見つめながら)もちろん、ミュージシャンとしての才能の全くない奴ら(俳優たち)ばかりだったから(ジョーク)、俳優たちを集めて僕がブートキャンプを開いて、彼らと3か月間も演奏のトレーニングをしたんだ。でも参加した俳優全員が、そんな短い期間をしっかり音楽に捧げてくれて、みんなが演奏できるようになった。僕が何十年も掛けて学んだことを、彼らは3か月でよくやってくれたよ」と語った通り、実際に俳優たちの演奏した音楽が映画内で使われている。

 60年代を舞台にしたことについてデヴィッド・チェイス監督は「どこか不思議な時代だったと思うんだ。特に60年代後半は、何か大きな出来事が毎日のように起きていた気がする」と答えた後、主役を演じたジョン・マガロは「この時代に生まれたわけではないけど、とても興味深い時代だと思っていたんだ。でも、僕らみたいな若い世代でも、家族とのドライブで、両親たちが聞いていた60年代のボブ・ディランなどの曲を、クラシックのラジオ番組を通して聞かされていたことがある。あの時代の曲は、どこか時代を超越したものがあって、僕らよりもさらに若い世代であっても聞いている曲でもあると思う。だから、(観客には)曲に親近感を持ってもらえるだろうし、さらにストーリーの普遍性にも共感を持ってもらえると思う」と明かした。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 10月
  4. 28日
  5. 「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」のクリエイター、デヴィッド・チェイスが描いた長編デビュー作とは?