シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

阿部寛の代表作は『カラスの親指』に決定!ストイックな役者ぶりを監督が絶賛【第25回東京国際映画祭】

阿部寛の代表作は『カラスの親指』に決定!ストイックな役者ぶりを監督が絶賛
阿部寛の代表作を作った男!キャスト陣について語った伊藤匡史監督

 26日、現在開催中の第25回東京国際映画祭で、映画『カラスの親指』が上映され、舞台あいさつに登壇した伊藤匡史監督が主演の阿部寛をはじめキャスト陣について語った。伊藤監督は阿部の役者としてのストイックさを絶賛し、「僕の代表作になる」と言葉を掛けられたことを明かした。

 本作は、直木賞受賞作家・道尾秀介による同名小説の映画化作品。ワケありの詐欺師コンビが、ひょんなことから共同生活を送ることになった姉妹や青年たちと共に、一世一代の詐欺を仕掛ける姿を描く。この日、たった一人で登壇した伊藤監督は、「監督だけで来てしまったので、今日はキャストについて話しますね」と客席に向かって語り掛けた。

 まず伊藤監督は、主演の阿部について「役者という仕事にとことん取り組んでいるストイックな人。客観的に役を見て自分が何をすべきかを考える。僕が今まで見てきた中で、ナンバーワン!」と真摯(しんし)な態度で仕事に打ち込む姿勢を絶賛。また、一緒に初号試写を観た後に、阿部から「僕は今まで自分の芝居に満足したことがなかったけれど、今回は満足した。初めて自分の想像を超えた。僕の代表作になる」と言葉を掛けられたことを明かした。

 さらに伊藤監督は、ワケあり美人姉妹を演じた石原さとみと能年玲奈にも言及。石原については「頭の回転の良さに加え、観察眼も鋭い。それに、しゃべりながらほかの行動をするといったような、役者としての運動能力も並外れていて天才だ」とべた褒め。さらに、来年NHK朝の連続テレビ小説でヒロインを務める能年についても、「芝居になるとスイッチの切り替えがきちんとできる人。それでいてやりすぎない」と語り、オーディションの時点から、能年の持つ役者としての素養を見抜いていたことを明かしていた。

 本作はサスペンスフルな展開の中にも人間味を感じさせる群像劇。役者たちの演技に加え、二転三転するストーリーや、ラストに待ち受ける大ドンデン返しも魅力の作品となっている。(福住佐知子)

映画『カラスの親指』は11月23日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【勝手に能年玲奈祭りパート2】東京国際映画祭・特別招待作品『カラスの親指』ワールドプレミア&完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ from |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο (2012年11月22日 21時25分)
    基本、キャストを見られなきゃ映画を見ない人(爆)10/20(土)~28(日)までTOHOシネマズ六本木ヒルズなどで行われた「第25回東京国際映画祭」でワールドプレミアとして、また11/8( ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 10月
  4. 26日
  5. 阿部寛の代表作は『カラスの親指』に決定!ストイックな役者ぶりを監督が絶賛