シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

伊藤英明「海猿続編ない」原作・佐藤秀峰氏発言に落胆、胸中明かす

伊藤英明「海猿続編ない」原作・佐藤秀峰氏発言に落胆、胸中明かす
「海猿」続編についてコメントした伊藤英明

 俳優の伊藤英明が30日、スペースFS汐留で行われた映画『悪の教典』女子高生限定試写会に出席し、自身が主演を務める大ヒットシリーズ「海猿」の原作者・佐藤秀峰が「続編などは絶対にありません」とツイートしていることを受け、「2度とできないってニュースで見て、こういうもんなのかなって思って」と胸中を明かした。

 この日、最新作『悪の教典』でメガホンを取った三池崇史監督と共にトークショーを行った伊藤。「海猿」続編についてコメントしたほか、『悪の教典』では、圧倒的な人気を集める教師役を務めたことにちなみ、「公開授業」と銘打って女子高生150人からの質問に答える質疑応答を行った。

 自身のファーストキスについて、中学2年生の頃だと明かし、「キスは早めにした方がいい。いい思い出になるよ」とアドバイス。最近は子どもが欲しいともいい、「俺が親になることを想像したら(中2のファーストキスは)いけないことをしたなって思う。女の子が生まれたらうれしいけど、お父さんのことみんな臭いって思っているだろ? それ言われたら多分死んじゃうと思う」など、年頃の女子高生たちを前に、複雑な心中を明かしていた。

 またこの日、伊藤は「頭をくしゃくしゃしして」「ハグして」といった女子高生のリクエストにも応えるなど、劇中で演じたいい教師ぶりを遺憾(いかん)なく発揮。「俺まだまだいけるな」「淫行(いんこう)条例に引っかからないかな」と冗談を交えつつ、最後は女子高生からの熱い要望で150人の女子高生全員と握手するなど、訪れた女子高生たちを「やばかったー」「最高!」と大興奮させていた。

 『悪の教典』は、「黒い家」「青の炎」などで知られる貴志祐介のベストセラー小説を三池崇史監督が映画化した作品。生徒に慕われる高校教師でありながら、自身の目的のためなら殺人もいとわない狂気の男(伊藤)が繰り広げる凶行の数々を息詰まるタッチで描く。「海猿」シリーズとは打って変わって究極の悪人を怪演する伊藤にも注目だ。(取材・文:中村好伸)

映画『悪の教典』は11月10日より全国東宝系公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 10月
  4. 30日
  5. 伊藤英明「海猿続編ない」原作・佐藤秀峰氏発言に落胆、胸中明かす