シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ロビン・フッド、居住地とされる森にテーマパーク誕生へ

ロビン・フッド、居住地とされる森にテーマパーク誕生へ
写真はノッティンガムにあるロビン・フッド像 - LOCOG / Getty Images

 中世イングランドの伝説の義賊ロビン・フッドのテーマパークが、彼の居住地とされるイギリス、シャーウッドの森に誕生することが明らかになった。2015年春の開園を目指す。

 多くの文学作品、映像作品に登場してきたロビン・フッドは、十字軍遠征に参加し、ジョン王の暴政に反抗したとされる伝説上の人物。2010年に『グラディエーター』のリドリー・スコットとラッセル・クロウのコンビにより映画化されたことも記憶に新しい。

 Mirror Onlineによると、今回建設が明らかになったロビン・フッドのテーマパークには、1,300万ポンド(約16億9,000万円 1ポンド130円計算)の費用がつぎ込まれるという。40エーカー(4万8,970 坪)の土地に、その土地の石や木々を使い、ゲストが探検を楽しむことができるジョン王の城などを建設。当時の戦闘具、料理、衣装などの体験ができ、馬上やり試合のショーやアーチェリーコンテストなども行う予定だという。

 ノッティンガムシャー州議会は、このテーマパークが雇用増大にも貢献し、地域の活性化につながることを期待している。(編集部・島村幸恵)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 10月
  4. 31日
  5. ロビン・フッド、居住地とされる森にテーマパーク誕生へ