シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

大島優子、『悪の教典』上映会で取り乱したことを謝罪

大島優子、『悪の教典』上映会で取り乱したことを謝罪
『悪の教典』上映会で取り乱したことを謝罪した大島優子

 アイドルグループAKB48の大島優子が、18日に行われた映画『悪の教典』の「AKB48特別上映会」で取り乱したことについて「ニュースにもなったりと、お騒がせしました」とオフィシャルブログで謝罪している。

 『悪の教典』は貴志祐介のベストセラー小説を伊藤英明主演で三池崇史監督が映画化したR15+(15歳以上鑑賞可)指定の作品。生徒に慕われている人気教師(伊藤)が自己の目的のためにクラスの生徒全員を殺す姿が描かれる。大島は同作の上映後、目に涙を浮かべて退場すると「わたしはこの映画が嫌いです。命が簡単に奪われていくたびに、涙が止まりませんでした」とコメントしていた。

 19日に更新したブログで「昨日、映画、『悪の教典』を観させていただきました」と切り出した大島は「伊藤英明さん、三池監督、関係者のみなさん、ご心配かけました」「あまりにスクリーンの中に感情移入してしまい、取り乱してしまいました。。。ごめんなさい(/ _ ; )」と謝罪の言葉をつづっている。

 しかしブログの最後で「でも、私はあの映画が嫌いです。すいません」ときっぱり言い切った大島。映画への嫌悪感は一夜明けても消えないことをうかがわせている。(朝倉健人)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 11月
  4. 19日
  5. 大島優子、『悪の教典』上映会で取り乱したことを謝罪