シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

AKB48ドキュメンタリー最新作、たかみなの涙がキービジュアル!その意味するものとは!?

AKB48ドキュメンタリー最新作、たかみなの涙がキービジュアル!その意味するものとは!?
たかみなの涙の意味とは!? 7パターンの特報も上映! - (C)2013「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

 人気アイドルグループAKB48の2012年における活動を追った最新ドキュメンタリー『DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?』のキービジュアルが公開された。今年のAKB最大の話題といえばやはり前田敦子卒業だが、画像はAKBグループ総監督に任命された、高橋みなみの涙をフィーチャーしたビジュアルとなっている。

 今年もミリオンセラーを連発し東京ドーム公演を実現、エース前田の卒業など、話題を振りまいたAKB48。本作では、そんな彼女たちの2012年を冷静な視点から描写。エース不在の「総選挙」でトップとなった大島優子の本当の気持ち、ドーム公演を終えたグループに高橋みなみが提示した新たな船出など、彼女たちが織り成すドラマの裏側が、密着インタビューを交えて明かされる。

 また前作に続き監督を務める高橋栄樹は、新エースをめぐるし烈な争いから、恋愛禁止条例、メンバー間の格差といった隠された真実を追求。ただの活動記録に終わらない、現代のリアルなアイドルの姿を赤裸々に映し出したドキュメンタリー映画としても注目の作品となっている。キービジュアルを飾る高橋の涙に込められたメッセージに注目したい。

 また明日23日から、全7パターンの特報映像が全国のTOHOシネマズで順次上映される。これは、2005年12月8日のグループ誕生から7年となることを記念して作成されたもの。1本の作品のために7本の特報を制作するのは史上初だといい、こちらも話題を呼びそうだ。映像は、劇場だけでなくオフィシャルサイトにでも毎日1タイプづつ紹介されていく予定。(編集部・入倉功一)

映画『DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?』は2013年2月1日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 11月
  4. 22日
  5. AKB48ドキュメンタリー最新作、たかみなの涙がキービジュアル!その意味するものとは!?