シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ヒュー・ジャックマン、日本語連発!アン・ハサウェイらと来日で『レミゼ』大合唱!

ヒュー・ジャックマン、日本語連発!アン・ハサウェイらと来日で『レミゼ』大合唱!
両手に華のヒュー様!-左からアマンダ・セイフライド、ヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ

 映画『レ・ミゼラブル』に出演したヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライドが、メガホンを取ったトム・フーパー監督、プロデューサーのキャメロン・マッキントッシュと共に来日し、28日、東京国際フォーラムの地に集結し、日本版舞台キャスト60人と観客2,500人で劇中歌を合唱した。

 公開記者会見では、主人公ジャン・バルジャンを演じたヒューが「妻が映像を観て、わたしが演じていると気付かないほど入り込んでいた。ジャン・バルジャンはわたしにとって特別な役」と感慨深げに語った。また、事前録音ではなく実際に歌を歌いながら撮影したことについて、「毎日が初日の舞台に立つような思いで臨んだ。リハーサルを十分に重ねたので、自由にのびのびできたね」と明かし、ファンティーヌ役を務めたアンも「わたしの役は、痛みを感じる苦しいものでしたが、撮影自体はヒューがいたからすごく楽しめた」とチームワークの良さをアピールした。

 さらに、メガホンを取ったフーパー監督は「この映画は、ヒュー、アン、アマンダという素晴らしい俳優がいたから実現できた。この三人がいなかったら、この時期、映画なんて撮っていなかっただろう」と俳優陣を絶賛。ちなみに主演の三人は、もともとキャリアのスタートがミュージカルや舞台であり、常にボイストレーニングを欠かさないのだとか。特にヒューは、昔「美女と野獣」のオーディションで本作のメイン曲でもある「星よ」を歌った経験があるそうで、不思議な縁を感じている様子だった。

 また、この日駆け付けた日本版キャストの中には森公美子の姿も。オーケストラをバックに、観客全員を巻き込んで劇中歌「民衆の歌」を大合唱すると、感激したヒューから「スバラシイ!」「オッス!」「アリガト!」と日本語で喜びの言葉がいくつも飛び出し、感動と興奮のフィナーレとなった。

 『レ・ミゼラブル』は、世界43か国、21か国語で上演され、27年間という驚異的ロングラン記録と6,000万人を超える観客動員数を達成したミュージカルの最高峰を映画化した作品。舞台の感動と興奮を、最高のキャスト、最高のスタッフでスクリーンに封じ込めた今年最後の超大作である。(取材・文:坂田正樹)

映画『レ・ミゼラブル』は12月21日よりTOHOシネマズ日劇ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 11月
  4. 28日
  5. ヒュー・ジャックマン、日本語連発!アン・ハサウェイらと来日で『レミゼ』大合唱!