シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

激ヤセしたマシュー・マコノヒー、糖尿病になる危険性も

激ヤセしたマシュー・マコノヒー、糖尿病になる危険性も
マシュー・マコノヒー - ダイエット以前の姿(左)と現在の激やせした姿(右) - Gustavo Caballero / Getty Images Entertainment / 写真:FameFlynet/アフロ

 映画『ザ・ダラス・バイヤーズ・クラブ(原題) / The Dallas Buyers Club』で演じるHIV患者の役作りのため、約17kgもの体重を落としたマシュー・マコノヒーが、体重を戻す際に糖尿病になることを懸念しているという。

 「ちゃんと検査もして、血圧も何もかも正常値の健康体だ。一番気をつけなければならないのは体重を戻すときだ。正しい方法で体重を増やさないと糖尿病になる可能性が非常に高い。ショック症状を引き起こすから、すぐにチーズバーガーやアイスクリームにくらいつくわけにはいかないんだ」とマシューはウェブサイトThe Daily Beastのインタビューで語っている。

 あまりの激ヤセぶりに周囲からは心配の声も聞かれたが、本人はいい体験だったとコメント。「ものすごく体調はいいんだ。健康的な方法で体重を落としたからね。新鮮な魚を少量ずつ食べて、絶食は一切していない。睡眠もちゃんととっている。ダイエットというのはすべて自己管理のたまもので、今回は肉体的だけでなく、精神的な道のりでもあった。自分の体を知るという意味では非常に勉強になった体験だったよ」とコメントしている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 12月
  4. 3日
  5. 激ヤセしたマシュー・マコノヒー、糖尿病になる危険性も