シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

映画「しまじろう」 キマグレンがテーマソング担当!エンディングはPUFFY!

映画「しまじろう」 キマグレンがテーマソング担当!エンディングはPUFFY!
しまじろうたち(上)の冒険を、キマグレン(下)が彩る! テーマソング決定! - (C)Benesse Corporation 2013

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 「こどもちゃれんじ」の人気キャラクター「しまじろう」の映画『しまじろうと フフの だいぼうけん ~すくえ!七色の花~』のテーマソングが、2人組音楽ユニット・キマグレンの新曲「歩」に決定した。エンディングはテレビで放送中のアニメに引き続きPUFFYが担当する。

 これまでテレビアニメで展開されてきた「しまじろう」初の映画化となる本作。突然枯れ始めたちゃれんじ島のお花たちと、夢で見た七色の花を助けるため冒険に出た、しまじろうとみみりん、とりっぴい、にゃっきいら仲間たちの活躍を描く。

 そんな本作のテーマソングとなる「歩」は、キマグレンが本作のため書き下ろした楽曲。しまじろうと仲間たちの友情や、冒険、子どもたちの未来へ向けたメッセージが、温かなメロディーと歌詞で奏でられる。「小さい頃、自分の親がいつも見守っていてくれていたことに大人になってやっと気づいた。きっとそれは今も変わらないだろう」というISEKIは「『まだまだ頑張るよ、見ていてください。』そんな気持ちを込めた大切な曲です」とコメントしている。

 一方エンディングテーマとなるのは、放送中のテレビ番組「しまじろうのわお!」に引き続き、PUFFYの「トモダチのわお!」。番組のために書き下ろされた楽曲で、詞をPUFFY、電気グルーヴの石野卓球が作曲を手掛ける。映画ではフルバージョンが披露されることとなり、PUFFYも「たくさんのこどもたちに愛されているしまじろうの歌に選ばれて、とてもうれしいです」と喜びのメッセージを寄せている。

 「初めて映画館で見る映画・ファーストシネマ」がコンセプトの本作では、「こどもちゃれんじ」がこれまでに培ったノウハウを応用。構成をアニメーションと実写パートの2部に分けて途中休憩を入れるほか、映画館の照明も半照明に設定。ミュージカル仕立ての実写部分では、キャラクターが客席に呼び掛けるコール&レスポンス形式を採用するなど、子どもたちをひきつける工夫が各所に施されている。(編集部・入倉功一)

映画『しまじろうと フフの だいぼうけん ~すくえ!七色の花~』は2013年3月15日よりTOHOシネマズ 渋谷ほか全国公開

【関連情報】

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク