シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

大竹しのぶの大好き発言に阿部寛大テレ!

大竹しのぶの大好き発言に阿部寛大テレ!
好意的な語り口にテレていた阿部寛と大竹しのぶ

 阿部寛と行定勲監督が初タッグを組んだ映画『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』の完成披露試写会が8日に都内で行われ、主演の阿部のほか、小泉今日子、野波麻帆、風吹ジュン、忽那汐里、大竹しのぶ、行定監督が登壇した。

 大竹は今回共演した阿部について「この映画に入る直前に、舞台で共演していました。今回の撮影に入って阿部ちゃんに会ったら(役作りで)もそ~っと暗い感じで、(舞台のときとは)別の人になっていた。それにまず感動しました。あと、阿部ちゃんはこんなにかっこいい感じなんですけど、とぼけていて面白いので大好きです」とかなり好意的に語り、阿部をテレ笑いさせていた。

 一方、小泉は「わたしはこの映画の中で、『愛を戦う女』をやらせてもらいました。自分自身の経験の中では、愛を戦ったことがある気がしますけど、勝ったことがないような気がしますので、映画ではスカッとした気持ちを味わわせていただきました」とにっこり。また、劇中で荻野目慶子と繰り広げたバトルシーンを振り返り「1回で終わるかなと思っていたら、(衣装の)着物が3着用意されていた。で、きっちり3回戦って、次の日激しい筋肉痛になりましたね」と当時の苦労を笑顔で振り返った。

 そのほか、若手の野波は「信頼できる行定監督のもとで、ガツンと脱いでいますので、大きいおしりがスクリーンいっぱいに映ると思います。新年早々申し訳ないと思います」とあっけらかんとしたコメント。それを受けて隣の風吹が「野波さんの脱ぎっぷり、立派でした。本当に日本の女性は育ったな、頼もしいな、すてきだなと思って見ていました」と野波を褒め称え、会場をほのぼのとした空気に包んだ。

 そして最後は、妻への愛にすべてをささげた主人公を演じる阿部が「映画ではいろんな愛の形が出てきますけど、観終わって『愛ってなんだろう』と思ってくれたらうれしい。登場人物それぞれの表情からいろいろ想像してもらえる作品です」と観客に語りかけて締めくくった。

 本作は直木賞作家・井上荒野の小説を映画化した恋愛群像劇。愛に奔放な女 “艶”(つや)に翻弄(ほんろう)される男女のドラマを描く。岸谷五朗、渡辺いっけい、永山絢斗、奥田瑛二、田畑智子らが脇を固めている。(古河優)

映画『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』は1月26日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 8日
  5. 大竹しのぶの大好き発言に阿部寛大テレ!