シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

イ・ジョンジン、ユジン「百年の遺産」 こじれた人間関係を描いた温かいホームドラマ<韓国JPICTURES>

イ・ジョンジン、ユジン「百年の遺産」 こじれた人間関係を描いた温かいホームドラマ<韓国JPICTURES>
ドラマ「百年の遺産」に出演するイ・ジョンジンとユジン - Copyrights(C) Jpictures Syndicate

[韓国 3日 JPICTURES]1月3日、ソウル汝矣島(ヨイド)63ビルの別館2階にあるセクァイヤールームで、MBC新週末ドラマ「百年の遺産」の制作発表会が開かれた。チュ・ソンウプロデューサーやユジン、イ・ジョンジン、チョン・ボソク、チョン・インファ、パク・ヨンギュ、チェ・ウォニョン、ユン・アジョン、ソン・ウソンなどが参加し、場を華やかにした。

 ドラマ「百年の遺産」で、ユジンはこの作品の舞台となる製麺屋の孫娘、ミン・チェウォンを演じた。夫チョルギュ(チェ・ウォニョン)と離婚した後、実家の製麺屋に戻り、元夫の実家と競争しながら製麺屋を食品会社に成長させる人物だ。イ・ジョンジンは、韓国で最も裕福といわれる家の一人息子で、不親切で冷淡な性格のイ・セユンを演じる。

 この日、ユジンは「結婚後初の作品、復帰作なので、ワクワクすると同時に緊張します。何よりも、すてきな先輩方と共演できてうれしいです。先輩方と演技をすると学ぶ点が多く、感情移入できます」と尊敬する先輩と共演することへの思いを語った。また「チェウォンという役は、結婚と離婚を経験します。実際に結婚して演技をしてみると、多くの部分で共感できて、演技するのにとても役に立ちました。視聴者の方々と一緒に泣いて笑って、共感できるキャラクターを演じます」と役柄について紹介した。

 イ・ジョンジンは、自身の役柄について「セユンの一番格好いい点は、愛に対する傷があるというところです。共演者と一緒に、これまでのありきたりな雰囲気のドラマではなく、よりすてきな作品になるよう頑張ります」と本作に臨む覚悟を見せた。

 ドラマ「百年の遺産」は、ソウルの町外れにある老鋪の製麺工場を運営する家族の話を描く、温かいホームドラマだ。MBC「冬鳥」「チュンジャさんちはお祭り騒ぎ」「愛情万々歳~ブラボー!マイラブ~」「黄金の魚」のチュ・ソンウプロデューサーが演出を務め、「君は星」「チュンジャさんちはお祭り騒ぎ」「不屈の嫁」のク・ヒョンスクが脚本を執筆した。(Jpictures Syndicate)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 9日
  5. イ・ジョンジン、ユジン「百年の遺産」 こじれた人間関係を描いた温かいホームドラマ<韓国JPICTURES>