シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

妻夫木聡、代々受け継がれる妻夫木家の雑煮は嫁さんに受け継いでもらいたい!?

妻夫木聡、代々受け継がれる妻夫木家の雑煮は嫁さんに受け継いでもらいたい!?
今年の新成人と参道を練り歩く出演者たち。(左から)山田洋次監督、夏川結衣、橋爪功、吉行和子、妻夫木聡

 13日、虎ノ門の金刀比羅宮で映画『東京家族』大ヒット祈願&新成人祝福イベントが行われ、橋爪功、吉行和子、夏川結衣、妻夫木聡、山田洋次監督が来場、この日集まった30人の新成人たちにエールを送った。

 この日は、成人の日を翌日に控えているということもあり、会場には晴れ着姿の新成人30人も来場。キャスト陣と一緒に参道を練り歩くなど、会場は華やかな雰囲気に包まれた。

 今回のイベントは屋外で行われたため、肌寒さを覚えるような気候であったが、妻夫木が、母親役の吉行のひざにそっと毛布をかける一幕も。劇中同様、母子のきずなを感じさせるようなたたずまいを見せる二人であった。

 この日は新成人たちに、「あなたのおふくろの味は?」という事前アンケートを実施。「味噌汁」「すいとん」「ブイヤベース」「キッシュ」「ぎょうざ」といったユニークな回答の数々に、妻夫木も「先ほど、祖母からうけついだ味、と答えた人がいましたけど、妻夫木家にも祖母から代々受け継いだ雑煮があるんです。うちのは変わっていて、スルメやモチなんかが入っていて、ごった煮なんです。自分の嫁さんになる人には、その味を受け継いでもらいたいなとは思うんですけど、今は、自分で受け継いじゃおうかなと思っています」と笑ってみせた。

 また、この日は「あなたのセールスポイントは?」という質問も実施し、一番多かった回答は「笑顔」だったという。それを受けた吉行は「笑顔はいいんだけど、そこに心がついていないと駄目。20歳くらいならみんなニコッとするだけで喜んでもらえるけど、だんだん歳を取るとそれが通用しなくなる。だから心から生まれる笑顔を心がけていただきたいと思いますね」とアドバイス。キャスト陣、新成人たちも、その吉行のコメントに感銘を受けた様子であった。

 またこの日、『東京家族』が2月7日から開催予定の第63回ベルリン映画祭ベルリナーレ・スペシャル部門で、本作のモチーフとなった『東京物語』と共に上映されることが報告された。山田監督にとっては、『たそがれ清兵衛』以降、7作連続のベルリン映画祭出品となり、「一番大きいホールでの上映は、映画祭としては栄誉のあることらしく、光栄ですね。僕も(現地に)行きたいけど、次の仕事があるからいけなくて残念です」とコメントを寄せた。(取材・文:壬生智裕)

映画『東京家族』は1月19日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 13日
  5. 妻夫木聡、代々受け継がれる妻夫木家の雑煮は嫁さんに受け継いでもらいたい!?