シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『潜水服は蝶の夢を見る』のマチュー・アマルリックが、ロマン・ポランスキー監督とタッグ!

『潜水服は蝶の夢を見る』のマチュー・アマルリックが、ロマン・ポランスキー監督とタッグ!
ポランスキー作品への出演が決定したマチュー・アマルリック - Pascal Le Segretain / Getty Images

 映画『潜水服は蝶の夢を見る』、『007/慰めの報酬』などでおなじみのフランスの人気俳優マチュー・アマルリックが、ロマン・ポランスキー監督の新作『ヴィーナス・イン・ファー(原題) / Venus in Fur』に出演することをBroadway.comが報じた。

 これは、ロマン・ポランスキー監督と長年のパートナーとして映画『ゴーストライター』を製作したロベール・ベンムッサとアラン・サルドが企画している作品。脚本はブロードウェイの同名舞台劇を執筆したデヴィッド・アイヴスが、ポランスキー監督と共同で執筆することになっている。キャストは、ポランスキー監督の妻で映画『赤い航路』のエマニュエル・セニエと、映画『灼熱の肌』のルイ・ガレルが主役を演じることになっていたが、ルイ・ガレルが降板したために、今回新たにマチュー・アマルリックが代役としてキャスティングされたようだ。

 オリジナルの舞台劇は、ニューヨークでオーディションを行っていた劇作家兼演出家トーマスは、作品に適した女優をキャストできず帰宅しようとするが、突如女優が遅刻して現れる。最初は、彼女を無視して帰ろうとしたトーマスだが、その女優はありとあらゆる手段を使ってトーマスを引き止め、いつの間にかトーマスも彼女の魅力に引き込まれていくという設定。オリジナルの舞台劇で主演したニナ・アリアンダは、トニー賞を獲得している。

 2011年にはヤスミナ・レザの戯曲「大人は、かく戦えり」を、『おとなのけんか』として映画化したポランスキー監督が、今作ではどのような手腕を見せるのだろうか?(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 22日
  5. 『潜水服は蝶の夢を見る』のマチュー・アマルリックが、ロマン・ポランスキー監督とタッグ!