シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

イ・ビョンホン、俳優は分別を持たないことが大事!笑顔で来日会見!

イ・ビョンホン、俳優は分別を持たないことが大事!笑顔で来日会見!
キラースマイルで写真撮影に応じたイ・ビョンホン

 韓国の人気俳優イ・ビョンホンが29日、初の時代劇で一人二役に挑んだ主演最新作『王になった男』の来日記者会見を都内で行い、今作に出演した経緯や俳優にとって大事だと思っていること、自身の弱点などを気さくに語った。

 本作は、実在した朝鮮15代目の王・光海の秘密に迫る歴史大作。王とうり二つだったために、毒殺におびえる王・光海の影武者を務めることになった道化のハソンが、戸惑いながらも、次第に民のことを考える真の王として周りを魅了していくさまを描く。ビョンホンが理想を見失った暴君と、王の影武者で正義感あふれる庶民の二役を演じ、韓国では観客動員数歴代3位の大ヒットを記録した。

 1年ぶりの来日となったビョンホンは「とにかく物語が非常に素晴らしく、楽しい作品なので出演を決めました。今作で新しい経験をして、多くのことを学びました」と笑顔で出演を決めた理由を説明。そして日本人に向けて「もし自分が王様だったらどうだったか、と考えながら観ると楽しむことができるし、痛快な気分を味わえる作品。韓国の歴史や文化を知らなくても気楽に観ることができるから大丈夫。ロサンゼルスやイギリスの観客にも楽しんでもらえたよ」と自信たっぷりにアピールした。

 韓国国内のみならず、ハリウッドなど世界的に活躍しているビョンホン。そんな彼に「俳優として、気を付けていることは?」と質問が飛ぶと、「僕はよく、後輩に『分別を持ってはいけない』と言っている」と回答。さらに「俳優、アーティストというのは奇抜なアイデア、創意工夫が必要だから。いくつになっても少年の気持ちを持っていたほうがいいし、そのほうがいろんないいアイデアが浮かび、それをまた表現できる」と俳優にとって大事だと思うことを熱く語った。

 さらにその後「(自身の)弱点を教えてください」と言われたビョンホンは「弱点はたくさんありすぎて……。でも、そんなふうに周囲にアドバイスしておきながら、自分でそれを実践できていないのが弱点かな」と苦笑しながら答えた。そして最後の写真撮影では、劇中で実際に着用したゴージャスな王の衣装をバックに、おなじみのキラースマイルを振りまいていた。

映画『王になった男』は2月16日より新宿バルト9、丸の内ルーブルほか全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 29日
  5. イ・ビョンホン、俳優は分別を持たないことが大事!笑顔で来日会見!