シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

佐藤江梨子、キスシーン直後に笑っちゃった!悪女ぶりをばっちりアピール

佐藤江梨子、キスシーン直後に笑っちゃった!悪女ぶりをばっちりアピール
撮影の裏話を語った佐藤江梨子

 映画『ナイトピープル』初日舞台挨拶が26日にシネマート新宿で行われ、佐藤江梨子が撮影の裏話を明かした。この日はほかに、北村一輝、三元雅芸、門井肇監督が登壇した。

 監督いわく「原作が短編だったので、脚本家と苦労して伸ばしたり人を増やしたりした」という本作。ミステリアスな女性を演じた佐藤も「原作と大きく変わっていた。つかみどころのない役」と戸惑うことが多かった様子。それでも自身の役を指して「悪女」と評されると、「悪女は自分が悪女だって自覚がないでしょう? そっか、悪女だったんですね」と見事な悪女ぶりを披露していた。

 また、共演の北村についても「(衣装が)そら豆みたい」「北村さんのファンをカズキストって言うんですね」と終始いじりっぱなしの佐藤。劇中ではキスシーンもあったが、台本と違ってあっさり終わったため、佐藤は「これでいいのかな」と一瞬吹き出してしまったとのこと。それに対して北村は「いいね、それ」と反応したそうだが、肝心の北村本人は「周囲に人がたくさんいるし、集中しているので覚えてない」と佐藤のいじりに困った表情だった。

 そんな北村は、出演オファーが来たときのことについて「マネージャーにすぐ『やりたい』と伝えました」と振り返る。「サスペンスはさじ加減一つで変わるので難しいですが、料理のしがいのある役」と手応えを感じたといい、最後には佐藤が「みんながみんなだまし合うジェットコースター・ムービー。知り合いやお友達に伝えてください」と本作をしっかりアピールしていた。

 本作は直木賞作家・逢坂剛の短編「都会の野獣」を原作にした作品。バーで働く謎の多い女・杉野萌子(佐藤)が、政治家から強奪された2億円をめぐって、バーの経営者である木村信治(北村)や刑事(杉本哲太)らを翻弄(ほんろう)する。(取材・文:県田勢)

映画『ナイトピープル』はシネマート新宿ほかにて全国順次公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 26日
  5. 佐藤江梨子、キスシーン直後に笑っちゃった!悪女ぶりをばっちりアピール