シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

松田龍平&宮崎あおい出演作『舟を編む』が完成!監督も二人の共演に自信!

松田龍平&宮崎あおい出演作『舟を編む』が完成!監督も二人の共演に自信!
映画『舟を編む』ビジュアル - (C) 2013「舟を編む」製作委員会

 2012年の本屋大賞に輝いた三浦しをんの同名小説を映画化した最新作『舟を編む』が、完成した。辞書を編集するとある出版社に務める主人公の編集部員・馬締光也と個性的な同僚たちが、24万語にも及ぶ言葉を相手に奮闘する姿、そして馬締を支える妻との夫婦愛を描く。メガホンを取るのは、2010年公開の『川の底からこんにちは』で第53回ブルーリボン賞監督賞を受賞した注目の若手監督・石井裕也。キャストには松田龍平と宮崎あおいら、豪華共演陣が顔をそろえる。

 本作は、2012年7月にクランクイン。馬締が人生の大半を過ごすこととなる小さな編集部のセットは、日活撮影所のスタジオ内に作られた。美術スタッフが寝る間を惜しんで作り上げたというセットには、本作のために特別に借りてきたという古い書物が山積みになっており、古書独特の香りが漂っていた。一つの言葉をよりわかりやすく表現するために馬締ら編集部員が肌身離さず持ち歩いている「単語の用例採集カード」も、スタッフたちが一枚一枚手書きで書き続けたという。

 この編集部のセットについて「とにかく書物がいっぱいに積み上げられていて、場所もないので大変でしたね」と振り返った石井監督は、「辞書作りは正直派手な作業ではありません。ですが長い時間をかけて地道にコツコツ作業するそういう人たちだからこそ、どこかで輝き出す瞬間がある。彼らの持つ静かな情熱をきちんと描き出せるような映画にしたい、という思いで作っていました」と作品への思いを語った。

 「素晴らしいキャストの皆さんに演じていただく分、個性的な登場人物たちにさらなる深みを与えていきたい」という石井監督の思いに答えるよう、現場では松田と宮崎が監督の演出に耳を熱心に耳を傾けながら静かな演技を続ける。少ない言葉のやり取りに、お互いを思いやる夫婦の愛情が垣間見られ、スタジオには終始穏やかな空気が流れていた。

 撮影を終えた石井監督は「松田龍平さん、宮崎あおいさんで良かった、と胸を張れます」と自信を見せた。辞書はどのようにして作られるのかいうこれまで誰も知らなかった「辞書作り」の過程。地味なテーマながらも、観客は日常生活の全てを辞書作りにささげる編集部員たちの姿に心を打たれることだろう。(編集部・森田真帆)

映画『舟を編む』は2013年4月13日より丸の内ピカデリーほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 18日
  5. 松田龍平&宮崎あおい出演作『舟を編む』が完成!監督も二人の共演に自信!