シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ダニー・ボイル監督、『トレインスポッティング』続編を2016年にも撮影か

ダニー・ボイル監督、『トレインスポッティング』続編を2016年にも撮影か
ついに待望の続編製作が具体化か-ダニー・ボイル監督

 映画『127時間』『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が、1996年に手掛けた映画『トレインスポッティング』の続編企画について、2016年にも撮影に取り掛かりたい意向を明かした。

 『トレインスポッティング』は、イギリスの作家アーヴィン・ウェルシュの同名小説が原作の青春映画。スコットランドを舞台に、ヘロイン中毒の若者たちの日常を斬新な映像や音楽と共に描き出し、世界各国で大ヒット。そのビジュアルや音楽も含め、当時の若者文化に多大な影響を与え、主人公レントンを演じたユアン・マクレガーの大出世作となった。

 続編は、アーヴィン自身が手掛けた原作の続編小説「トレインスポッティング ポルノ」を映画化するもので、前作に登場した若者たちの中年期を描く。続編についてボイル監督は、以前から原作とは別のアプローチで製作を企画していると明かしていたが、先日The Playlistのインタビューにおいて、オリジナル版の公開から20年の節目となる2016年にも撮影をしたいと、具体的な時期について言及したという。

 現在『普通じゃない』『ザ・ビーチ』などでもタッグを組んだジョン・ホッジが脚本に取り掛かっているといい、ボイル監督は、適切な脚本さえ完成すれば、「ユアンや、そのほかキャストの再結集に、何の障害もないはずだ」と前作キャストを再登板させたい意向をコメント。オリジナル版のファンをガッカリさせないことを唯一の基準に製作したいと語ったということで、期待が持てそうだ。

 ユアンをはじめ、ジョニー・リー・ミラーやロバート・カーライル、ユエン・ブレムナーら『トレインスポッティング』キャストたちは、同作におけるブレイク以降、それぞれが本国とハリウッドを股に掛け活躍。ボイル監督自身も今やアカデミー賞監督となっており、監督の予定する通りに撮影が開始されれば、懐かしい面々の再結集というだけでなく、かなりの豪華キャストの共演が実現することになる。(西村重人)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 12日
  5. ダニー・ボイル監督、『トレインスポッティング』続編を2016年にも撮影か