シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

AKB48震災義援金、2年間で計13億円超 今後も支援活動を継続

AKB48震災義援金、2年間で計13億円超 今後も支援活動を継続
今月11日に岩手県大槌町を訪れたメンバーたち - (左から)武藤十夢、内田眞由美、菊地あやか、大島優子、倉持明日香、竹内美宥 - (C)AKS

 東日本大震災発生直後に発足したAKB48グループ「『誰かのために』プロジェクト」の義援金総額が今月12日時点で、計13億4万5,904円に上ったことが発表された。同金額は、義援金窓口に集まったものや各イベントでの募金を合わせたものであり、日本赤十字社を通じて、被災者に全額寄付される。

 震災直後の2011年3月14日に「AKB48プロジェクト義援金口座」を開設し、スタートした同プロジェクト。ファンに募金を呼び掛けるだけでなく、AKB48プロジェクトからは義援金として計10億円、そして配信限定楽曲やシングル・アルバムからの収益金を寄付。それに加えて、マイクロバスや送迎用車両を寄付している。

 震災から2年が過ぎた現在も活動は続けられており、今月8日には新たな震災復興応援ソング「掌が語ること」の全世界無料配信が開始された。11日には全国の48劇場で公演が行われたほか、東北3県10箇所にて計60名のメンバーが復興支援ライブを開催した。メンバーによる被災地訪問は今年2月までで実に22回に上る。

 AKB48などを運営する株式会社AKSは、引き続き復興支援活動を行っていくことも明言している。(編集部・福田麗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 14日
  5. AKB48震災義援金、2年間で計13億円超 今後も支援活動を継続