シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「戦国BASARA」と宝塚がまさかのコラボ!トップスターが豪華衣装をお披露目!

「戦国BASARA」と宝塚がまさかのコラボ!トップスターが豪華衣装をお披露目!
原作に忠実な衣装姿を披露した、明日海りお、蘭寿とむ、蘭乃はな(左から)

 宝塚歌劇花組公演「『戦国BASARA』−真田幸村編−」制作発表会が18日、渋谷のセルリアンタワー能楽堂で行われ、花組の蘭寿とむ、蘭乃はな、そして3月25日付けで月組から花組に組替えをする明日海りおらが意気込みを語った。

 カプコンから発売中の大ヒットゲーム「戦国BASARA」シリーズが、宝塚歌劇団により、まさかの初ミュージカル化。本舞台では、越後の上杉謙信と、甲斐の武田信玄による川中島の戦いに、もしも真田幸村が武田軍の武将として参戦していたら……という設定のもとに物語が展開する。

 主人公の真田幸村を演じるのは、花組トップスターの蘭寿とむ。「カプコンさんとは『逆転裁判』でもお世話になりまして、再びこのような機会をいただけて、うれしく思います。熱血漢あふれる幸村の個性を生かしながら、役づくりをしていきたいと思います。東急シアターオーブでの大事な宝塚1作目となるので、全精力を傾けて頑張りたい」と切り出し、幸村の衣装について「座っているのも大変なくらい動きにくい衣装ですが、すごい再現率だなと興奮しました。これから二本やりを振り回す筋トレをしないといけないかなと思います」と気合も十分だ。

 宝塚とゲームのコラボにより、どのようなミュージカルが生まれるのか気になるところだが、演出家の鈴木圭は「ゲームでは数多くの武将が出てきますが、今回は真田幸村を中心に絞り、ストーリー重視でいきたい。男の武将としての幸村の葛藤を描きたいと思います。ゲームは殺陣をメインとしていますが、われわれは宝塚なので、歌と踊りとロマンを強調した、宝塚ならではの『戦国BASARA』を作りたいと思います」と演出意図を明かす。

 一方、「戦国BASARA」の原作監修を務めたカプコンの小林裕幸プロデューサーは、今回のコラボに「まさか宝塚さんとお仕事できるなんて」と喜びを語ると、「ゲームでは、幸村が熱血キャラ。そして上杉謙信と、忍のかすがは、宝塚みたいに描こうと思っていたんですが、まさか本家にやってもらえるとは」と感激の表情を見せた。(取材・文:壬生智裕)

宝塚歌劇花組公演ミュージカル・ロマン「『戦国BASARA』−真田幸村編−」は6月15日から7月1日まで渋谷の東急シアターオーブにて上演予定


【関連情報】

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク