シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

福くん、大人の階段上る?勝地涼から伝授された下ネタ連発疑惑を「ピー」音で否定!?

福くん、大人の階段上る?勝地涼から伝授された下ネタ連発疑惑を「ピー」音で否定!?
下ネタ連発疑惑が浮上?! 鈴木福

 20日、人気子役の鈴木福が、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた映画『コドモ警察』の初日舞台あいさつに登壇し、共演者の勝地涼から教わった下ネタで、大人への階段を上り始めたことを、登壇者からバラされそうになり、自ら「ピー」と放送禁止音を連発し会場を盛り上げた。本舞台あいさつには鈴木、勝地のほか、吉瀬美智子、マリウス葉(Sexy Zone)、本田望結、鏑木海智、青木勁都、秋元黎、相澤侑我、竜跳、北乃きい、そして福田雄一監督が登壇した。

 子役たちが主役の現場で、まとめ役となったのが、新人刑事役として出演している勝地。「撮影以外でも、ずっと子どもたちと一緒にいてくれる役者さんで、とてもありがたかった」と福田監督も絶大な信頼を寄せていたようだが「そのほとんどが下ネタなんだけどね」と苦笑い。

 なかでも「福くんには一番下ネタを教えたね」と勝地が言うと、慌てて「知らない、教えてもらってないよ」ととぼける鈴木。すると、吉瀬から「(鈴木が演じた)デカ長はわたしの前だとネコかぶっていると思うんですよ。おっぱいダンスを踊れるって聞いていますよ」と暴露。さらに福田監督に「福くん、巨乳好き?」と聞かれると、堰を切ったように、鈴木の「下ネタ」情報が、壇上から溢れてきた。

 そんな状況に鈴木は「ピー、ピー」と自ら放送禁止音を発して「(下ネタなんて)知らないし、言いません」と8歳らしく照れながら必死に応戦していた。一方で「デカ長と福くんの時のスイッチの切り替えがすごい」と吉瀬が絶賛するように、現場で天才ぶりを発揮していたようだ。

 本作は、2012年にTBS系列で放送されていた深夜ドラマ「コドモ警察」の劇場公開版。コドモ警察たちが、宿敵レッドヴィーナスから届いた大統領暗殺計画を食い止めるべく奮闘する姿を描く。福田監督をはじめ登壇者全員が「パート2を作りたい」と意欲を燃やしていた。(磯部正和)

映画『コドモ警察』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 20日
  5. 福くん、大人の階段上る?勝地涼から伝授された下ネタ連発疑惑を「ピー」音で否定!?