シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「残虐性が信長そっくり」天海祐希のドSっぷりを内野聖陽が暴露

「残虐性が信長そっくり」天海祐希のドSっぷりを内野聖陽が暴露
プロジェクションマッピングをライブ披露した天海祐希

 26日、大型時代劇「女信長」(フジテレビ系、4月5日、6日、2夜連続放送)の制作発表会見がシェラトン都ホテル東京で行われ、天海祐希、内野聖陽、小雪ら出演者が登壇し、作品への意気込みを語った。

 織田信長は女だったという奇抜な設定の中、玉山鉄二演じる浅井長政に恋をしてしまうという難役に挑んだ天海。「この役を引き受けたのは間違っていたかもという不安が強くて、こんなすごいチャンスはないんだって鼓舞しながら精いっぱい頑張りました」と撮影時のことを謙虚に振り返った天海だが、共演陣からは「(役として)殴られた、蹴られた」と苦情が次々浮上。

 明智光秀役の内野が天海と信長の共通点を聞かれ「僕をいじめるときの残虐性は信長のイメージとぴったり」とちゃかしても、「なかなか男の人をあしげにする役はないので、とても楽しくやらせていただきました」と天海はニッコリ。ドSキャラっぷりを発揮していた。

 一方、玉山は、昨年夏に行われた今作の撮影中に自身の息子が産まれたことを明かし、「スタッフの皆さんからも『名前を信長にしちゃえば』って言われました。天海さんと同じ誕生日に産まれたんですよ。運命的なものを感じますね」と感慨深げに思い起こしていた。

 この日の会見では、プロジェクションマッピングでドラマのイメージを再現するライブも行われた。建造物や車などの造形物に映像プロジェクターから立体CGを投影する映像演出方法で、今回は信長演じる天海の着物にも投影。会見でのプロジェクションマッピングは世界初の試みだという。

 同ドラマは、直木賞作家・佐藤賢一の小説を原作に、織田信長が女だったらという前提で歴史の謎をひもとく歴史スペクタル。比類ない独創的な発想と行動力で天下統一を目指す信長の一生を描く。(取材・文:嶋田真己)

大型時代劇「女信長」は4月5日、6日の夜9時からフジテレビ系で2夜連続放送


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 26日
  5. 「残虐性が信長そっくり」天海祐希のドSっぷりを内野聖陽が暴露