シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

伊藤淳史、ウッチャン監督作出演で「踊る」の和久役超えた?

伊藤淳史、ウッチャン監督作出演で「踊る」の和久役超えた?
本作への思い入れの強さを語った伊藤淳史

 お笑い芸人のリアルな日常を描いた映画『ボクたちの交換日記』の大ヒット舞台あいさつが29日、都内で行われ、お笑いコンビ「房総スイマーズ」の一人・田中を演じた伊藤淳史が、自身の役柄への思いを明かした。

 伊藤のほか、共演の小出恵介、メガホンを取ったウッチャンナンチャンの内村光良、さらにサプライズでお笑いコンビのバイきんぐ(小峠英二、西村瑞樹)も登場したこの日の舞台あいさつ。伊藤は本作で演じた田中について、周囲の人々からの評判も良いと明かし「今までの中で一番かと思うくらい良くて、初めて認められた気がしました」と感慨深い表情でコメント。そこで小出から「『踊る』の和久(伸次郎)さんよりも?」と突っ込まれると、一瞬間を空けて「うん」とうなずいてみせる。

 また伊藤は、撮影中はコントに力を入れていた印象が強かったという本作について、「意外に泣けて……」としみじみ。「台本も読んでいるし物語も知っているけど、ここまで泣ける映画だとは思っていなくて。今までコントのシーンばかりアピールしていたけど、これからは泣ける映画ということも感じていただきたい」と話すと、内村も「設定はお笑いコンビの物語ですが、夢を追う人・諦める人とそれを支える人の群像劇と思って作りました」と言葉を添えていた。

 一方、小出は伊藤と映画の宣伝でバラエティー番組「SMAP×SMAP」に出演した際のエピソードを披露。「中居(正広)さんからいきなりコントを振られて披露したのに(放送では)バッサリ切られていて。現場では皆さん笑ってくれていたのに」と残念そうに明かす。また自身の体験と重ね合わせ、号泣しながら本作を観たという小峠は、主人公たちがラベルをはがしたペットボトルのお茶を飲んでいるシーンに触れ「若手はお金がないので、家で入れてきたお茶を楽屋で飲むんです」と共感しきりだった。

 同作は放送作家・鈴木おさむの小説を映画化したヒューマンドラマ。結成12年目になっても売れない芸人コンビの甲本と田中(小出・伊藤)が、夢と現実のはざまでもがく姿を描く。(取材・文:中村好伸)

映画『ボクたちの交換日記』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 29日
  5. 伊藤淳史、ウッチャン監督作出演で「踊る」の和久役超えた?