シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

山田孝之、まさかの落語界からオファー!

山田孝之、まさかの落語界からオファー!
落語界からオファー!? - 山田孝之

 6日、ユナイテッド・シネマ豊洲でオムニバス映画『らくごえいが』が初日を迎え、山田孝之、加藤貴子、桂三四郎、そして各エピソードを監督した遠藤幹大、松井一生、坂下雄一郎の監督陣が来場した。

 本作は、「ねずみ」「死神」「猿後家」という古典落語の演目の舞台を現代に置き換えた3作品からなるオムニバス映画。東京芸術大学大学院映像研究科の学生たちが、豪華キャストを迎えて製作を行っており、山田、加藤のほかに本田翼、安田顕、村上健志、斉木しげる、田中要次、近藤春菜、箕輪はるかなどが出演している。

 今回の仕事のオファーについて、山田は「ぜひともやりましょう」と快諾したことを振り返る。「落語にも興味があったし、東京芸大と仕事をするのは面白いと思った。きっと落語ファンも映画を観に行くだろうし、逆にこの映画を観て、落語を見ようという人もいると思う。受けた理由はたくさんあります」と明かした。

 一方の加藤は「出演者がそうそうたる人で。しかも山田さんも出ると聞いて『それじゃぜひ!』とガッツポーズをしたのを覚えています。それなのにわたしは(それぞれオムニバスの別々の作品に出演しているため)山田さんとは一切共演していません」と冗談交じりにコメント。しかし若き才能に触れたことは刺激になったようで、「彼らはこれからの日本映画を背負って立つ人になるかもしれない。たとえば10年後に、『ああ、あの人たちと暑い夏に撮影したな』と思うかもしれないと思って、参加させていただきました」と笑顔を見せた。

 本作をきっかけに「落語に興味を持った」という山田に、桂三四郎は「せっかくなんで、落語をやってみたらどうですか? 僕ならいつでもけいこをつけますよ」とまさかの落語界へのオファー。しかし、「そうですね……」と言うや、うつろなまなざしとなり、それっきり三四郎と目を合わせようとしなくなった山田。そんな二人のぎくしゃくしたやりとりが、会場の笑いを呼んでいた。(取材・文:壬生智裕)

映画『らくごえいが』はユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国順次公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 4月
  4. 6日
  5. 山田孝之、まさかの落語界からオファー!