シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

斎藤工、村上隆初監督作品の現場でダメだし連続を告白

斎藤工、村上隆初監督作品の現場でダメだし連続を告白
黄色い声援に驚きの表情を見せた斎藤工

 18日、現代美術家の村上隆が監督とキャラクターデザインを務めた映画『めめめのくらげ』の完成披露試写会が都内で行われ、主演の末岡拓人をはじめ、浅見姫香、斎藤工、窪田正孝、村上監督が登壇し撮影時の思い出などを語った。

 本作は村上隆の初監督作で、実写とCGを融合させたファンタジー映画。東日本大震災後の日本を舞台に、震災で父を亡くした小学生の正志(末岡拓人)が、母(鶴田真由)と共に引っ越したある都市で、子どもにしか見えない謎の生物“ふれんど”のくらげ坊と出会い友情を育む姿を描く。

 この日、マイクを握ったとたん「たくみ~」とファンから黄色い声援をかけられた斎藤は「こんなの初めてだ。ありがとうございます」と驚いた表情。劇中では、物語の重要人物となる主人公の叔父を演じた斎藤は「村上監督の、自分が納得いくまで仕上げる姿勢をしびれる思いで見ながら公開を待っていました。この映画はメイド・イン・ジャパンだけど、村上さんのアートと同じで、日本という枠では計りきれないエネルギーを持っていると思う」と言葉に力を込めた。

 また、壮大な野望を秘めた研究所のトップに君臨する4人組のメンバーの一人を演じた窪田は「村上監督自身が楽しんで現場を仕切っていて、僕らも元気をもらっていた。監督からは『悪を演じるというより、こちらにはこちらの正義があるという革命軍のイメージでお芝居をしてくれ』と言われました」と笑顔で撮影を振り返る。

 一方、子役の末岡は緊張した様子で「僕は撮影でも、『体力がない』とか注意されてばかりでした。監督は『ダメなことはダメ』とちゃんと最後まで言ってくれて、正直怖かったり、嫌になったりしたこともありました。でも今になって思うと、感謝できることだったなと思います」と率直にコメントして観客の笑いを誘っていた。(古河優)

映画『めめめのくらげ』は4月26日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国順次公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 4月
  4. 18日
  5. 斎藤工、村上隆初監督作品の現場でダメだし連続を告白