シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

38歳独身のブラッドリー・クーパーが母親と同居中 父の死から立ち直るため

38歳独身のブラッドリー・クーパーが母親と同居中 父の死から立ち直るため
人生そんなもんだよ - ブラッドリー・クーパー

 映画『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたブラッドリー・クーパーが、現在母親と同居しているという。

 38歳であり、デートのお相手も豊富なクーパーが母親と同居とは、居心地の悪いものではないかと想像してしまうが、実際はそうでもないらしい。クーパーはDetails誌の取材で、「二人とも何とかうまくやっているよ。母親にとって、息子と暮らすのはたやすいことじゃないと思うけど、人生はそんなものだよ」とコメント。

 さらに、母親と暮らしている理由の一つに、2年前の父の死を理由にあげている。「僕たち家族は、とても固い絆で結ばれていたんだ。父の死は家族全員にとって、あまりにつらい出来事だった。そのショックからまだ立ち直れていない。僕と母は互いを必要としているんだ」とクーパーは明かしている。

 クーパーの最新作『ハングオーバー!!! 最後の反省会』は、5月24日より全米公開、日本では6月28日より公開が予定されている。また、『世界にひとつのプレイブック』のデヴィッド・O・ラッセルと再びタッグを組んだ、ジェニファー・ローレンスやクリスチャン・ベイルと共演、70年代に実際に起きた「アブスキャム事件」という政治家賄賂事件を題材にした映画『アメリカン・ハッスル(原題) / American Hustle』が現在撮影中であるほか、エマ・ストーンとクーパーが共演する、タイトル未定のキャメロン・クロウの新作が製作準備中である。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 4月
  4. 21日
  5. 38歳独身のブラッドリー・クーパーが母親と同居中 父の死から立ち直るため