シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

岡田准一が撮影中もツンデレ!“被害者”榮倉奈々が暴露!

岡田准一が撮影中もツンデレ!“被害者”榮倉奈々が暴露!
岡田准一のツンデレぶりを暴露した榮倉奈々

 27日、映画『図書館戦争』初日舞台あいさつが、TOHOシネマズスカラ座にて行われ、主演を務めたV6の岡田准一をはじめ、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、西田尚美、栗山千明、石坂浩二、そして佐藤信介監督が出席した。

 ファンが多い原作だけに、スタッフや出演者のプレッシャーは並大抵のものではなかったようで、岡田は開口一番「監督やスタッフの方々と、一生懸命努力して映画にしました。原作を汚していないと思っていただければうれしいです」と作品に込めた思いを語ると、榮倉も「有川浩先生の大切な原作。映画化には賛否両論あると思いますが、先生のファンも、映画で初めて作品に出会う人も好きになってくれたら」と願いを込めた。

 岡田のツンデレ教官ぶりが話題になっている本作だが、撮影中も岡田のツンデレぶりは健在だったようで「銃を肩に乗せてスクワットするシーンで、岡田さんが回数を数える場面があるのですが、アドリブで『11・12・12・12』って進めてくれなくて……でもその厳しさによって、なんとか撮影を乗り切れました。精神力の大切さを学びましたね」と榮倉が岡田をチラリと見ると、岡田は苦笑いを浮かべていた。

 そんな鬼教官ぶりを発揮していた岡田も「アクションがすごいので、1万発ぐらい弾を用意していたのですが、銃を発砲するシーンでは、弾がなくなるかもしれない状況になってしまい、ミスすると舌打ちが聞こえてきそうな雰囲気で……」と撮影の苦労話を披露したが「何度観ても楽しめる作品です。ヒットすれば続編もあるかもしれません」と力強く語り、会場に「続編、観たいですか?」と呼びかけると大歓声が上がった。

 本作は、これまでさまざまなメディア展開されている有川浩の同名原作を、映画『GANTZ』シリーズの佐藤信介監督が映画化。国家によりメディア検閲が正当化された世の中で「読む自由」を守るために戦う人々を描いたSFアクション映画。(磯部正和)

映画『図書館戦争』は全国東宝系にて公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 4月
  4. 27日
  5. 岡田准一が撮影中もツンデレ!“被害者”榮倉奈々が暴露!